就職・転職したい

転職で内定を辞退する際の理由(サンプルあり)

2019年8月18日

  1. HOME >

転職で内定を辞退する際の理由(サンプルあり)

2019年8月18日

転職で内定を辞退する際の理由(サンプルあり)

色々な思いで続けてきた転職活動。

しかしいざ内定が出たとしても、諸々の事情から辞退を申し出ざるを得ない状況、ありますよね。

基本的には素直に伝えれば良いとは思いますが、例えば

  • もっと条件の良い企業から内定が出た
  • 内定後にその会社の悪い噂を聞いて、テンションが落ちた
  • やっぱり気が変わった

といような完全にこちらの事情の場合は、やはり正直には言いづらいもの。

そんな時に使える内定辞退の理由のサンプルをまとめました。

嘘も方便。大人ですから、当たり障りなくスマートに内定を辞退しましょう。

辞退理由サンプル①家族に反対された

まずはこちら。配偶者や両親など、家族に反対されたことにするというシナリオ。

例としては、

  • これまで配偶者(両親)に内緒で転職活動を進めてきたが、いざ転職するとなったら、安定を求める配偶者(両親)に反対された
  • 給与面(労働環境面)で配偶者に反対されており、説得を試みているが同意を得られない

など。

ちなみに中途採用者の内定辞退理由で本当に多いのがこちら「家族に反対された」です。

余程あなたが出来る人材であれば別ですが、大抵の場合は家族にまで面会を求めて説得を試みる企業はありませんので、無難に辞退することができると思います。

辞退理由サンプル②現職企業に猛烈に反対され、抜け出せない

2つ目は、「現職企業に反対されており、抜け出せない」というシナリオ。

  • 退職を申し出た所、上層部総出で引き留めに逢っており、かなりの時間がかかりそう
  • 給与条件(労働条件)の変更を条件に出されており、迷っている

ちなみに「家族に反対された」の次に多い辞退理由がこの「現職企業から抜け出せない」です。

仮に貴方がとてつもなく出来る人材の場合は、それぞれ

  • 退職できるまで気長に待つ
  • 更に良い給与条件(労働条件)を提示する

という企業もあるかもしれませんが、通常はこんな事で気長に待ってくれる企業も、条件を良くしてくれる企業もありません。

このシナリオでも、比較的すんなり内定辞退の方向に持っていけると思います。

辞退理由サンプル③親族の事情

最後は少々強引なシナリオですが、急な親族の事情をでっちあげるというシナリオです。

  • 親の介護が必要になった
  • 両親が他界したため、家業を継ぐ必要がある

実際に内定辞退のシナリオとして使われる事はゼロではありませんが、残念ながらこれは嘘がバレバレです。

中長期的に考えて内定を頂いた企業とどこかで付き合いが発生する可能性がゼロでは無い場合は、このシナリオは使うべきではないと思います。

逆に、未来永劫その企業と付き合わない場合は、有無を言わさず内定を辞退できるシナリオでもあります。

転職で内定を辞退する際の理由(サンプルあり)まとめ

ここまで内定辞退サンプルを書いてきましたが、選考の途中で「辞退したい」と感じた時は、ズルズルと先延ばしにせずスッパリその場でその意思を伝える方が、お互いのためです。

選考が進めば進むほど、転職先企業も貴方に期待しますので、辞退をすることのハードルが上がります。

お互い社会人ですので、なるべく迷惑は最小限に、気持ち良いやり取りをするように心がけましょう。

その他、就職・転職を考えている人への記事のまとめはこちら。

【2019年版】就職・転職を考えている人向けの記事まとめ

続きを見る

-就職・転職したい

Copyright© 脱ダメリ部 , 2019 All Rights Reserved.