ブログ運営・ライフハック

お手軽キーワード検索「Ubersuggest」の使い方~無料で使えるSEOサジェストツール~

2019年7月2日

「Ubersuggest」の使い方~無料で使えるお手軽SEOサジェストツール~

読まれるブログを書くためにまず必要な作業「キーワード選定」。

多くの方は「Google キーワードプランナー」を利用されていると思います。

しかし先日、とある方から教えて頂いたキーワード検索ツール「Ubersuggest」の方が断然使いやすかったため、紹介してみたいと思います。

恐らく、記事執筆時点で無料のキーワード調査ツールとしては最強だと思います。

「Ubersuggest」とは

「Ubersuggest」は、USのウェブマーケター「ニール・パテル」さんが開発したキーワード調査ツールです。

ご尊顔はこちら。

ちなみにUbersuggestのウェビコンも、この方の似顔絵になっています笑

USの企業のサービスですが、日本語にも対応しています。

それでは早速使ってみましょう。

「Ubersuggest」の使い方

まずは「Ubersuggest」のサイトにアクセスします。

「ドメインかキーワードを入力」とありますので、試しに「サラリーマン」で検索してみます。

すると数秒で検索結果が表示されます。

ここだけで数々の事が分かりますが、ここでは最低限の機能に絞って説明してみたいと思います。

キーワード概要

まずは検索結果の上部に表示されるキーワードが異様を細かく見ていきましょう。

  • 検索ボリューム:そのキーワードの月間検索件数
  • SEO難易度:数値が高いほど競争が激しい
  • 有料難易度:有料検索の競合分析結果。数値が高いほど競争が激しい
  • クリック単価(CPC):Google広告のクリック単価。高ければ高い程価値のあるキーワード

上記から、「サラリーマン」という検索ワードは、

検索ボリュームがそれなりにあり(高)、SEO難易度はほどほど。有料広告を出した際に掲載される可能性は高い(難易度が易しい)

ということが言える、ということです。

SEO難易度については、我々ブログ素人であっても、20を切っていれば検索上位に食い込める可能性が高いです。

検索ボリューム

次に直近12カ月の検索ボリュームの推移を見ていきます。

ご覧の通り、「サラリーマン」という検索キーワードは、年間を通じて安定した検索ボリュームがあるということが言えると思います。

キーワード候補

検索した「サラリーマン」という単語に関連するキーワード候補です。

例えばキーワード候補のトップ「サラリーマン番長」または「サラリーマン」+「番長」については、以下の事が言えます。

  • トレンドは安定している(年間を通じて安定して検索されている)
  • 検索ボリュームが月49,500もある
  • CPCは¥5程なので、それ程キーワード自体の価値は高くない
  • PD(有料難易度)は1なので、競争は激しくない
  • SD(SEO難易度)は46なので、ほどほど難しい

このようなバランスを見ながら、価値のあるキーワードを探していくわけです。

ご覧頂いている通り、一覧で詳細まで比較する事ができる点は一つのメリットだと思います。

「Ubersuggest」のメリット~Googleキーワードプランナーとの比較~

Googleキーワードプランナーと比較したメリットですが、実は記事執筆時点はデメリットが見当たりません。

  • 初期登録不要
  • 軽い
  • 検索ボリュームが詳細まで出る
  • 月別トレンドも把握可能

恐らくこれからユーザが増えると検索結果の表示に時間がかかったりするようになる事が想定されますが、現時点では最強のSEOサジェストツールであると言えそうです。

Ubersuggestが使えない時は

便利なUbersuggestですが、不具合なのか、なかなか検索結果が表示されない事があります。

その場合はPCからではなく、携帯から同じURLにアクセスしてみましょう。

携帯からは比較的不具合無く使える事が多いです。

「Ubersuggest」の使い方~無料で使えるお手軽SEOサジェストツール~ まとめ

いかがでしたでしょうか。

上記で書いた通り、現時点デメリットが全く見当たらない最強のSEOサジェストツール「Ubersuggest」。

是非有効に活用して、一緒に検索上位を狙いましょう。

その他、ブログ運営関連の記事のまとめはこちら。

【2020年版】ブログ運営関連の記事まとめ

続きを見る

-ブログ運営・ライフハック

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.