スマートに働きたい

サラリーマン 職場と家庭以外で一人になれる場所は貴重

2018年11月26日

サラリーマン 職場と家庭以外で一人になれる場所は貴重

忙しいサラリーマン。

日中はいかに綿密なタスクを組んでいたとしても、割込み仕事ばかりで一向に大事な仕事が進まない。

家に帰ったら帰ったで元気な子供が走り回っていて、子供が寝る深夜までは全く落ち着くことができない。

やっと子供が寝た・・・と思っても、明日も朝から仕事があるので、一人でゆっくり過ごせる時間はあとわずか。

そんな我々にとっては、職場と家庭以外で、一人でゆっくり過ごすことができる場所を持つことは貴重ではないかと思います。

この記事の結論は「居心地の良い喫茶店・居酒屋(バー)を見つけるのがベスト」です。

サラリーマン 職場と家庭以外で一人になれる場所は貴重 理由

多くのサラリーマンが、職場の自席で腰を据えてじっくり自分の仕事に集中するのは難しいのではないかと思います。

自席にいると、

  • 他者から差し込まれる急な割込み仕事
  • 周囲の会話や電話でのやり取り

などなど、色々なイレギュラーも重なるので業務に集中できないわけです。

更に家庭を持つサラリーマンにとっては、自分自身の家も例外ではありません。

特に子供が小さいうちは、自宅で集中して何かをするのは難しい状況にあります。

人間は「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」の五感のうち、「聴覚」だけは自分の意志では制御できないわけです。

当たり前ですよね。聴覚を閉ざしていたら、急に草むらから猛獣が襲い掛かってきた時に対処できませんから。

今自分が本当にやらなければいけない何かに集中する環境は、思いのほか難しいものです。

サラリーマン 職場と家庭以外で一人になれる場所 具体的には

一般的なサラリーマンであれば、一度家に帰宅してから外出するのは難しいですから、職場の帰り道、家に帰るまでの間のどこかで一人になるのが現実的だと思います。

考えうる場所と、メリット・デメリットを挙げてみたいと思います。

社内の集中作業ブース

しょっぱなからレアケースとなりますが、今所属している会社が、同じ拠点内に集中作業スペースを確保している場合の話となります。

メリット

  • お金がかからない
  • 電源を確保できる
  • 時間制限が無い

課題

  • 同じ職場内なので気持ちが切り替えられない

遅くまで開館している図書館

最近は遅くまで開館している図書館もあるようです。

通勤経路上にこういった図書館がある場合はこれを使うのも手かもしれません。

メリット

  • お金がかからない
  • 電源を確保できる図書館もある(場所による)

課題

  • 学生が多いので、サラリーマンはちょっと場違い
  • 閉館が早い(上記リンク先の図書館では、最大でも22時)
  • 飲食できない

サテライトオフィス

最近、働き方改革の余波から、サテライトオフィスの会社と契約する企業も増えてきているので、それを活用する案です。

一例としては以下のようなサービスです。

メリット

  • お金がかからない(というか、会社持ち)
  • 電源を確保できる
  • ジュースやコーヒー、軽食も出る

課題

  • 閉館が早い(上記「WORKSTYLING」の場合は、概ね21時)
  • 飲食できない※飲み物位は可

上記サービスのうち、「ZXY(ジザイ)旧ちょくちょく」を利用した際のレビュー記事はこちらです。

カラオケボックス

最近ではおひとり様向けにボックスを開放しているカラオケもありますよね。

ただサラリーマンおひとり様にはちょっと抵抗感があるかもしれません。

メリット

  • 飲食可能。アルコールもOK。
  • 電源も確保できる

課題

  • お金がかかる(特に夜は費用が高い)
  • カラオケボックスに一人はなんとなく寂しい
  • 周囲が騒がしい場合が多い

喫茶店や居酒屋

現時点ではこれが一番オススメできそうです。

喫茶店や、一人で気兼ねなく入店可能な居酒屋(バー)を活用する手です。

メリット

  • 飲食可能。居酒屋(バー)であればアルコールもOK。
  • 店舗によっては電源も確保できる

課題

  • お金がかかる(飲食代)
  • 稀に周囲が騒がしい場合がある
  • 分煙が徹底されていない店舗は、タバコ臭い
  • 一人で入りやすい店選びが難しい

 

ちなみに、更に結論を書いてしまうと、日中は喫茶店で、夜はアルコールを提供してくれるようなところが良いと思います。

アルコールが飲めますし、そもそもが一人で利用する前提なので、夜一人でふらっと立ち寄っても違和感は無いわけです。

ちなみに私のお勧めは、サントリー系列の喫茶店「プロント」です。

サラリーマン 職場と家庭以外で一人になれる場所 何をするか

できることはたくさんあります!!

  • 日中、自席で集中できなかった仕事に集中する
  • 資格の勉強をする
  • 複業する、ブログを書く ・・・

これは人によるとは思いますが、仮に前項の居酒屋・バーのような場所であれば、多少アルコールが入った状態の方が良いアイデアが思い浮かぶような人種にとっては最高の環境なわけです。

(私のように・・・)

ちなみに、この記事を書いている今この瞬間、私はプロントにいます。

プロントで勉強して取得した資格がこちらw

サラリーマン 職場と家庭以外で一人になれる場所 居心地の良い場所の探し方

こればっかりは出会いもあると思うので難しいのですが、やはり初心者は私のように、日中は喫茶店で夜になるとビールを出してくれるようなお店がベターではないかと思います。

私が一押しのプロントはまさにそんな感じで、夜、女性が一人で入店してお酒を飲んでいても、全く違和感が無いのですよね。

あとは個人経営のお店の店主と仲良くなって長居させてもらうというのも手ではありますが、相手に対して気を遣いますし敷居も高いので、おすすめはできないです。

※注文も無しに何時間も粘られたら営業妨害ですからね・・・。

こんな私もプロントでは適度に注文しています。

皆さんも自分に合った「一人になれる環境」を探し当てて頂いて、充実したサラリーマン人生をエンジョイして下さい!

その他、スマートに働くための記事のまとめはこちらです。

スマートに働きたい人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

-スマートに働きたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.