スマートに働きたい

ZXY(ジザイ)年100回以上利用するヘビーユーザーがレビュー│ザイマックスmwo

2018年12月22日

現在勤務している会社が、レンタルオフィスサービス「ZXY(ジザイ)」を契約してくれています。

非常に使い勝手がよく、少なくとも週2~3回、およそ年間100回は利用している私。

その使い勝手の良さを、注意点を含めてレビューしてみたいと思います(注意点は最後の方にまとめています)。

結論として、会社が契約していたら、是非使ってみることをお勧めします。

また社員のサテライトオフィスを探している、首都圏の会社の総務部門の方、働き方改革に是非おすすめしたいです。

 

本記事の信頼性

 

大手IT企業でデータサイエンスを活用した受託分析業務に携わっています。

元営業という異色の経歴を活かしながら、金融・製造・流通業のお客様を中心にAI活用コンサルや定着支援・人材育成・講演活動など、幅広く活動しています。

ヤエリ(@yaesuri_man

実はデータサイエンス領域よりも、IT営業としてのキャリアの方が長いんです。

世の中「お金をかければ良いものが手に入る」のは当たり前。

お金とサービスに厳しいお客様に揉まれてきた経験からも、コスパの良いガジェットやサービスに強いこだわりを持っています。

 

こんな会社におすすめ

  • 社員のサテライトオフィスを探している
  • 費用は安く抑えたい
  • 面倒な契約はしたくない

なお、「スマートに働きたい」人におすすめの記事のまとめは以下です。是非こちらもどうぞ。

スマートに働きたい人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

また、以下も関連記事です。

「会社と家以外で一人になりたい」「作業に没頭したい」なんて時にもおすすめです!

サラリーマン 職場と家庭以外で一人になれる場所は貴重

続きを見る

ZXY(ジザイ※旧ちょくちょく)とは?

株式会社ザイマックスが提供している、レンタルオフィスサービスです。

2018年12月現在、一都三県を中心に41拠点を展開しています。

営業時間は店舗によって異なりますが、大体8時から20時くらい。

2018年12月4日に、旧サービス名「ちょくちょく」から「ZXY(ジザイ)」に変更になりました。個人的には「ちょくちょく」の方が好きだったのですが残念。

ポイントは、何と言っても以下です。

ポイント

  • 料金が安い
  • 予約が簡単
  • 料金以上のファシリティ

以下に順を追って説明していきたいと思います。

ZXY(ジザイ※旧ちょくちょく)おすすめポイント①料金が安い

ポイントは、なんと言っても料金が安いこと。

競合のレンタルオフィスサービスが1時間1,500円~2,000円位が相場の中、ZXYはパーティションで区切られていないソファ席であれば、1時間600円で借りることができます。

某サラリーマン

でも結局会社が払うのだから、料金の安さってサラリーマンには関係無くない?

という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

費用が安いということは、会社が社員に気軽に使わせられる(社員も気軽に使う事ができる)のです。

働き方改革を進める上で、気軽に使う事ができるというのは結構ポイントです。

総務部長

レンタルオフィスを契約したけど、料金が高いから使用するときはよく考えて!事前申請必須!!

なんていう状態になりがちですが、これでは働き方改革に逆行してしまっています。

会社が無理なく拠出できる金額で、社員にはいつでも自由に使ってもらう。

こうしないと働き方改革の文化は根付かせられません。

ココがポイント

会社が無理なく拠出できる費用であることが、働き方改革においては結構重要。

ZXY(ジザイ※旧ちょくちょく)おすすめポイント②予約が簡単

予約はZXYの会員サイトから行います。

 

ID、パスワードを入力してログインします。

ログイン後の画面は以下のような感じなので、今回は八重洲店を予約してみます。

困った時はチャットで質問を受け付けてくれるみたいですね。

「上野~東京」「東京~品川」どちらでも良いのでクリック。

「八重洲」が表示されたのでクリック。

さすがにクリスマスに一人寂しくレンタルオフィスで仕事をする人は少ないようです。

(あ、でも一人いる・・・)

予約したい座席の時間帯のマスをポチっと押します。

店舗と座席、予約日、開始~終了時刻が合っていることを確認したら、「予約手続きへ」

内容を確認したら「予約確定」で終わりです。

ZXY(ジザイ※旧ちょくちょく)おすすめポイント③必要にして十分なファシリティ

時間帯になったら店舗に行きましょう。

席数の違いはあるにせよ、どこも同じような感じです。

ZXYは費用を抑えるために、雑居ビルの一フロアに入っている事が多いです。

写真はちょっと怪しい感じに撮れてしまっていますが、全然怪しくないので大丈夫ですw

出入口にはタッチパッドがついています。

先ほどのZXYの会員サイトに携帯電話でアクセスし、表示されるQRコードを画面にかざすことで開錠される仕組みです。

同じタッチパッドが内側にも付いており、退室時も同様にQRコードをかざして開錠します。

「会員サイトのIDやパスワードを忘れてしまった!」という場合でも、コールセンターの番号が掲載されているので大丈夫です。

 

こちらはソファ席の様子。

ソファ席はパーティションで区切られていないので、ブース席より人気が無く、空いている事が多いです。

以下はブース席。

ブース席はソファ席より人気があります。

ブース席の中はこんな感じ。

机に椅子、電源コンセント2口、服をかけるハンガーと、必要最低限のファシリティです。

場所によっては卓上ライトが設置されている店舗もあります。

 

当たり前ですがWi-Fiも完備。

平日日中、ほぼ満席の時にインターネットスピードを計測した結果がこちら。

ご覧の通り爆速です。

ブースの外から中をうかがい知ることはできないので、ブースに入ったら目印を「利用中」にしましょう。

電話ボックスはこちら。

フロアの中での携帯通話は禁止なので、電話したい時はこちらを利用しましょう。

 

備品貸し出しエリア。

この店舗は以下のものがありました。

  • ティッシュペーパー
  • ウェットティッシュ
  • ファブリーズ
  • 筆記用具(返却必須)
  • 携帯充電コード(返却必須)
  • VGAケーブルなど、PC画面をモニタに投影するためのケーブル(返却必須)
  • クリアファイル
  • 耳せん

集中力アップのため、「耳せん」が結構ありがたいです。

ちなみに耳せんは返却する必要はありません。もらえます。

 

こちらは他の店舗の様子です。

ファシリティが一緒なので、違いはありません。

 

複合機やシュレッダーも設置されています。

書類を印刷したり、コピーを取ったりすることが可能です。

 

給茶機もほとんどの店舗に設置されています。

私はいつもフタのできる缶コーヒーを飲んでいるのですが、店舗で補給してしまったりします(セコいですが)。

設備一覧はZXYの以下ページに掲載されています。

 

ZXY(ジザイ※旧ちょくちょく)まとめ

レンタルオフィス「ZXY(ジザイ)※旧ちょくちょく」。まとめると以下です。

まとめ

  • 料金が安い
  • 予約が簡単
  • 金額以上の設備

皆さんも会社がZXYを契約していたら、是非使ってみて下さい!

その他、スマートに働くための記事のまとめはこちらです。

スマートに働きたい人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

-スマートに働きたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.