スマートに働きたい

【2020年版】新幹線のぞみ(N700系)車内Wi-Fiの使い方

2019年7月16日

東海道新幹線「のぞみ(N700系)」の社内でWi-Fiが利用できましたのでレビューしてみたいと思います。

結論として、計測するタイミングによっては、下り22Mbpsという、移動車両のWi-Fiとしては信じられないくらいの速さでした。

但しこちらは社内の混雑状況によるようです(当然ですが、Wi-Fiを利用している人が少なければ、速い)。

 

車内の様子。

新幹線のぞみ(N700系)車内Wi-Fiの使い方

接続は非常に簡単。

目印は車両の出入り口にあるこのシールです。

①Wi-Fiアクセスポイント一覧で「Shinkansen_Free_Wi_Fi」を選択する

アクセスポイントの名称は「Shinkansen_Free_Wi_Fi」

「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」ではないのでご注意ください

自動接続の設定をしている人であれば自動でつながります。

②ブラウザから認証(メールアドレス登録)

ここからは、基本的には「次へ」「同意」を推していくだけです。

注意書きを読み、「利用規約に同意」にチェックをした上で「インターネットに接続」ボタンで進みます。

認証画面。

普段私はSNS認証はせず、「メールでログイン」を選択しています。

あとはメールアドレスを入力し、送られてきたメールの認証URLをクリックすれば終わりです。

③接続完了

以上でインターネットに接続完了です。

 

新幹線のぞみ(N700系)車内Wi-Fiの速度:混雑具合によってはメチャクチャ早い

Wi-Fiの速度ですが、結局これは利用している人の混雑具合によります。

乗車直後

新幹線乗車直後、まだ誰も利用していないであろう時間帯の速度はこちら。

メチャクチャ速いです。

出発後、しばらく経ってからの速度

乗車してしばらく経ってから、恐らく多くの人が使っているであろうタイミングの速度がこちらです。

回線速度は約1/10に落ちてしまいました。

新幹線のぞみ(N700系)車内Wi-Fiの課題:すぐ切れる

困ったことに、だいたい10分に1回くらいの間隔でネット接続が切断されてしまいます。

最高速度に乗った時や、長いトンネルを通る時などです。

そのたびに利用規約に同意して、メールログインして・・・をしないと再接続できないので、結構ストレスです。。

新幹線のぞみ(N700系)車内Wi-Fiの使い方まとめ

スピードは混雑具合によりますが、ブチブチ切れてしまうのがちょっと残念な新幹線のぞみ(N700系)の社内Wi-Fi。

あまりガッツリとした使い方ではなく、かるくネットをチェックする位のライトな使い方が良いかと思います。

 

その他、出張の際に便利な記事のまとめはこちら。

【2020年版】出張の際に便利な記事まとめ

続きを見る

もしもあなたが今海外に向かっているなら、こちらのまとめもおすすめです。

【2020年版】海外に行く際に便利な記事まとめ

続きを見る

-スマートに働きたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.