ブログ運営・ライフハック

働き方改革と副業│これから副業をしようとしている人への影響は

2019年8月8日

  1. HOME >

働き方改革と副業│これから副業をしようとしている人への影響は

2019年8月8日

働き方改革と副業│これから副業をしようとしている人への影響は

2018年6月29日に成立し、2019年4月1日に適用開始された「働き方改革法案」。

これから副業をやろうと考えていたサラリーマンにとって、この法案がどう影響するのか気になるところ。

初めに結論を書いてしまうと、副業を考えているサラリーマンの後押しとなる可能性が高いです。

以下から具体的な中身を見ていきたいと思います。

働き方改革法案における副業の位置づけ

具体的には、政府が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成しています。

内容をかいつまんで説明すると、以下です。

  • 働き方が多様化しているが、多くの企業は副業を認めていない
  • 労働者にとっては、所得を確保できるメリットがあるものの、労働時間が増える懸念がある
  • 企業にとっては、労働者の自立やスキル取得が期待できる一方、健康面や秘密保持の面で懸念がある
  • 労働者も企業も、良くコミュニケーションを取ってうまく運用しましょう

多くの企業が原則副業を禁止しているものの、政府としてはよく対話をした上での副業は促進する立場を取っているわけです。

これから副業をしようとしている人への後押しになる可能性が高い

一方で企業側は、従来の終身雇用制を放棄しつつあります。

経団連会長「終身雇用を続けるのは難しい」会見について思うこと

続きを見る

企業側の論理からすると、極端に言うと、

  • 社員には、派遣や請負契約のように、必要な時に必要なだけ発注し、給料も変動費化形態が望ましい
  • 副業をどんどん推進していきたいが、ルール作りには時間がかかる。労務管理や健康管理が難しくなる
  • なので、とりあえずルールが出来るまでは副業は禁止しておこう

という状況だと思います。

つまり副業に関するルールが出来たらすぐに解禁される可能性が高いです。

働き方改革と副業│これから副業をしようとしている人への影響は まとめ

まとめとして「では何をすれば良いか」について。

言うまでもなく「今から副業を始めて、社外で稼ぐ力を身につける」です。

ある日突然ルールが整備され、一斉に副業が解禁となった段階で動き始めると出遅れます。

副業を求めるサラリーマンが大挙するため、需給のバランスが崩れるからです(買い手市場側に振れる)。

その他、副業を始めたい人におすすめの記事のまとめはこちらです。

-ブログ運営・ライフハック

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.