ブログ運営・ライフハック

一戸建てのメリットとデメリット アラサーリーマンはどう考えて購入に踏み切ったか

2019年4月25日

都内に注文住宅の一戸建てを購入してもう少しで10年が経ちます。

購入する時は色々悩みましたが、この10年を振り返ってみると、やはり一戸建てを購入して良かったと思える事の方が多いです。

一戸建てを購入しようか悩んでいるアラサーのサラリーマンにおすすめしたい記事となります。

当方のスペック

自己紹介は以下に書いてあります。

当ブログについて

続きを見る

住宅購入に関係しそうな部分だけ抜粋すると、以下です。

  • 都内在住
  • 妻と子供2人の典型的な家族構成
  • 年収は平均以上はもらっている

20代で結婚し、30過ぎに都内に一戸建てを購入しました。

元々は賃貸派だった

実は私、ずっと賃貸派でした。

東京オリンピックや労働人口の減少、終身雇用の撤廃など、先行き怪しいサラリーマン人生。

なるべく借金を背負わずに身軽にしておいた方が得策だと考えていました。

今無理して買わなくても、そのうち人口が減って中古の良物件が幾らでも出てくるのではないかと考えていました。

新築一戸建てを購入する気は全く無かったわけです。

数々の巡り合わせで良物件に出会う

そんな私ですが、たまたま偶然、以下のような巡りあわせが重なり、一戸建てを購入するに至りました。

  • 職場まで1時間ちょっと。双方の地元に近いロケーション
  • 最寄駅から徒歩5分
  • 角地
  • 気さくな周辺住民
  • 建てた後何年も付き合ってくれる注文住宅専門の工務店との出会い

特に自分から物件を探していたわけではなく、本当にたまたま、上記の偶然が重なったのです。

何かの巡り合わせだったのだろうか?と今でも不思議です。

戸建てのメリット①生活音を気にする必要が無い

大きなメリットの一つ。生活音を気にする必要がありません。

特に私の家は角地で、2面が道路に面しています。

あとの2面は賃貸アパートと隣の家に面していますが、この部分は注文時に壁にしてしまったので、それほど音が漏れる事はありません。

子供達が未就学のタイミングで住み始めたのですが、日中も夜もギャーギャー騒いでいるにもかかわらず、隣人からクレームを受けた事はありませんし、私も隣人の生活音が気になったことはありません。

戸建て購入前は妻と賃貸アパートに住んでいましたが、その際の気苦労と比較すると天と地の差です。

戸建てのメリット②好きな間取りにカスタマイズ可能

これは戸建てというより注文住宅のメリットになりますが、好きな間取りにカスタマイズすることが可能な点です。

間取りからファシリティに至るまで、全て自分の思い通りにすることが可能です。

「全て自分の思い通り」というのは、実は逆に考えるのが面倒くさいという人もいると思いますが(私がまさにそのタイプ)、私の妻は間取りに対するこだわりが凄く、全てほぼ一人で決めてくれました。

今でも子供の友達の家が注文住宅だと分かると、自宅を見学しに行く程の間取りマニアなので、そこは本当に助かりました。

簡単に妻のこだわりポイントを紹介すると以下です。

  • 玄関にウォークインクローゼット(物置)があり、外に出なくても荷物の出し入れが可能
  • 2階の寝室のクローゼット。洋服掛けがあり、ハンガーで外に干した上着をそのまま取り込んでかけておくことが可能
  • リビング階段。子供が大きくなった時に顔を合わせられるようにしている(玄関から2階の子供部屋まで、リビングを通らないと行けないようにしている)
  • リビング階段に半透明の引き戸を設置。冬場の暖房効率を考慮
  • 子供部屋は2室を1室にして広々と利用。将来2人の子供が大きくなったら間に壁を作れるように梁を準備
  • 子供部屋のドアに小さな窓あり。子供が大きくなって自室にこもりがちになっても、寝てるか起きてるか位は分かるようにしてある
  • 駐車スペースの真隣に窓を設置。重い荷物をすぐに自宅に運び込める

いずれも細かいことなのですが、実際に生活してみると本当に過ごしやすく、快適なんです。

戸建てのメリット③地域に根差すことができる

近隣住民は、土地や住宅のカタログスペックからは分からない一番の変動要素です。

この先数十年一緒に生活する人々。

変な人がいたら大変なので、土地を購入する前に近所にタオルを配りに行き、事前にどんな人が住んでいるかをチェックしました。

結果、近所の人はみんな良い人ばかりで、最も自宅に長時間いるであろう妻が「うまくやっていけそう」という感覚を持ってくれたので、購入に至りました。

ここからは一戸建てのデメリットと、私の考えを記載してみます。

戸建てのデメリット①建物の資産価値の目減りが早い

戸建てを購入された方はよくご存じかと思いますが、建物の資産価値の目減りが本当に早いです。

実は一戸建ての場合、築25年くらいすると建物の資産価値はゼロになると言われています。

一方でマンションは、築30年以上であっても売買が可能です。

資産価値を考えたら断然マンションかと思いますが、私は建物の資産価値については考慮ポイントから外しました。

立地や周辺環境を考慮し、死ぬまでずっとここに住んでも良いと思えたからです。

戸建てのデメリット②建物の維持にお金がかかる

これもしょうがないですね。

戸建ては10年もすれば外壁の塗装が必要だったり、何か壊れたりしたら全て自費で修理しないといけません。

一方マンションは、毎月の管理費である程度は修復してもらう事が可能です。

これについては貯金をするしかないかなと思っています。

一方、私がお願いした注文住宅の工務店は、なぜか「一生保守します。面倒を見ます」と言ってくれており、立ててから10年近く経った今も、半年に一度くらい、自宅に来て悪い所を無償メンテナンスしてくれます。

こういった工務店と巡り合えたことも、一戸建てを購入するに至った理由の一つです。

戸建てのデメリット③防犯面

これもしょうがないですね。

当たり前といえば当たり前なのですが、マンションと違い、出かける際は全ての窓を施錠しないといけません。

しかも戸建ては道路にダイレクトに面しているわけですから、泥棒から見たらマンションより入りやすいですよね。

対策は施錠をしっかりするのはもちろん、購入する前にその周辺地域の治安をチェックすることだと思います。

言うまでもなく、私は治安が良いと考えたので、今住んでいる場所の土地を購入したわけです。

一戸建てのメリットとデメリット アラサーサラリーマンは何を考えて購入に踏み切ったか まとめ

いざ一戸建てを購入するとなると、長期のローンを組むことになるので及び腰になります。

しかし実際に購入してみると覚悟が決まるというか、それほど気にしなくなります。

それより、「家を買うか買わないか」という人生最大のイシューが無くなりますので、悩みが一つ減ったような感覚です。

マンションを買うか一戸建てを買うか、人によって色々な考慮ポイントがあると思いますが、何かの参考になれば幸いです。

その他、ライフハック関連の記事のまとめは以下です。

【2020年版】ライフハック関連の記事まとめ

続きを見る

-ブログ運営・ライフハック

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.