ブログ運営・ライフハック

wordpressの速度改善に本気で取り組む

2019年3月24日

ブログの表示速度が尋常じゃなく遅くなってしまい、真面目に改善に取り組もうと考えました。

その記録を記事にしてみたいと思います。

私の環境と改善前のサイトのスピード

私の環境は以下です。

  • 有料テーマ「AFFINGER5(WING)」
  • 有名どころのプラグインを20個前後使用

また、一般的な以下の方法は全て実施済みです。

  • 「EWWW Image Optimizer」や「Imsanity」といったツールで画像サイズを縮小
  • 「WP Faster Cache」でキャッシュを有効に

その上で、モバイル/パソコンそれぞれのサイトスピードは以下です。

これはかなりまずいですよね・・・。

というわけで、少し真剣にサイトスピード向上に取り組んでみました。

※計測はおなじみのこちら。

問題切り分け方法

計測はトップページと、特に速度が遅いページの2つ、それぞれについて3回ずつ計測し、その平均スコアを見るようにしました。

no image
営業アップデート

続きを見る

【テンプレあり】アカウントプランの作り方(1)顧客概要│年10億以上売る営業が伝授

続きを見る

問題切り分けのため、全てのプラグインを外して計測したところ、以下の結果でした。

  • トップページ:モバイル:61.3、パソコン:92.3
  • 上記特定ページ:モバイル:25.3、パソコン:87.3

ここから、プラグインを一つずつ追加し、その都度ページスピードを3回ずつ測り、

  • 改善、または影響無しの場合はそのまま使う
  • 速度が悪化した場合は、使用をやめる

ということを考えました。

実践編

ここからは実践編です。

一つ一つ、有効化しては3回ずつスピードを計測し・・・という事を繰り返します。

トップページのみですが、モバイル/パソコンそれぞれ3回計測したスコアです。

個人的に必須なプラグイン17個

まずは個人的に必須と思われるプラグインです。

プラグインは上から時系列で、速度に問題無いと判断したものは有効化し続けています。

クレジット削除プラグイン:モバイル60.7、パソコン86.0

AFFINGER5を購入すると付いてくる、ページのフッター部分の「Powered by AFFINGER5」のクレジットを消すプラグインです。

微妙な変化はあったものの、さすがにこれはスピードには影響しませんでした。

TinyMCE Advanced:モバイル53.3、パソコン88.3

ブログ投稿時のビジュアルエディタです。

投稿時だけ使用するものなので、さすがに速度に影響はありませんでした

Pz-LinkCard:モバイル60.7、パソコン89.0

外部リンクにリンクカードを表示させるプラグインです。

このあたりから多少心配になってきましたが、問題ありませんでした。

Google XML Sitemaps:モバイル56.3、パソコン91.3

これは必須プラグインですね。

多少速度が落ちてもしょうがないと思っていましたが、そこまで変わりませんでした。

EWWW Image OptimizerとImsanity:モバイル54.0、パソコン90.0

どちらも画像を最適化してくれるプラグインです。

多少モバイルの速度が落ちてきましたが、それ程問題無いと判断しました。

Broken Link Checker:モバイル58.0、パソコン90.7

リンク切れを教えてくれるプラグイン。

バッチで動いているので、こちらも問題なさそうです。

WP Fastest Cache:モバイル53.3、パソコン87.0

これを入れれば速度が改善されるはず・・・。

なのですが、現設定ではそこまで大きく改善はされませんでした。

このあたりは設定で改善の余地がありそう。

Autoptimize:モバイル53.7、パソコン87.0

このあたりも、有効化することで速度改善が見込めるはずのプラグインです。

なのですが私の設定ではそれほど改善されず・・・。

設定で改善の余地がありそうですが、後回しにします。

STINGERタグ管理プラグイン3、STINGER系テーマアップデーター5:モバイル55.3、パソコン84.7

このあたりはサイトスピードには直接関係ないはず。

やはりそれほど関係無いようです。

Contact Form 7:モバイル58.3、パソコン87.3

正直私の弱小ブログに突撃してくるような輩は海外のスパム勢位なのですが、一応有効にしています。

これも速度に影響は無いようです。

WordPress Popular Posts:モバイル51.7、パソコン92.0

こいつはかなり怪しいと踏んでいたのですが、やはりちょっとだけ怪しいですね。

要チェック。

Show Article Map:モバイル53.3、パソコン89.3

記事間のリンクをグラフィカルに可視化してくれるプラグイン。

普段は使わないので、影響は無いようです。

SiteGuard WP Plugin:モバイル55.0、パソコン90.3

サイトの管理画面のURLを変えたり、セキュリティを向上させるプラグイン。

こいつもシロのようです。

Table of Contents Plus:モバイル57.7、パソコン89.3

記事の目次を自動的に生成してくれるプラグインです。

かなり怪しんでいましたが、こちらもシロっぽいです。

Ad Inserter:モバイル36.7、パソコン79.3

広告挿入プラグイン。

結論として、自分の場合はこいつが原因だったようです。

AD Inserterを無効化し、AFFINGER5の広告配置機能を使用したところ、モバイル53、パソコン92に速度が向上しました。

個人的にあっても無くてもどちらでもよいプラグイン10個

ここまで来て、残ったプラグインは以下10個です。

  • a3 Lazy Load
  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • Optimize Database after Deleting Revisions
  • Regenerate Thumbnails
  • UpdraftPlus - Backup/Restore
  • WebP Express
  • WebSub/PubSubHubbub
  • WP All Export
  • WP Multibyte Patch
  • WP-Optimize

「あっても無くてもどちらでも良い」プラグインを止めている今時点で、当初のサイトスピードより速い事から、ここで調査は打ち切りました。

どうでもよいプラグインのどれかに原因がありそうな事は分かったのですが、どうでも良いので、使わなければいいだけの話かなと思い。

wordpressの速度改善に本気で取り組む 結論

私の環境の場合は、上記の通りAD Inserterが原因だったようですが、私の個人的な結論は

  • 使用するプラグインは必要最低限にしよう

です。

サイトの速度が気になると色々な情報を調べて、意味も分からず新たなプラグインを入れてしまいがちですが(まさに私)、プラグインは必要最低限で十分かと思います。

この先は

  • WP Fastest Cache
  • Autoptimize

あたりの設定を見直して、より一層サイトスピード改善を頑張りたいと思っています。

その他、ブログ運営関連の記事のまとめはこちら。

【2021年版】ブログ運営関連の記事まとめ

続きを見る

-ブログ運営・ライフハック

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.