ブログ運営・ライフハック

2枚目のリクルートカードに申し込み、ポイントを合算しようと思った話

2020年4月28日

 

普段用と事業用に分けてクレカを2枚持ちたい。でもポイントは合算したい・・・

 

このたび個人事業主の届け出をした私。

  • 普段の生活用とは銀行口座とクレジットカードを分けたい
  • でも、クレジットカードのポイントは合算したい

と思い、2枚目のリクルートカードを申し込んだのでその備忘録です。

 

本記事の信頼性

 

大手IT企業でデータサイエンスを活用した受託分析業務に携わっています。

元営業という異色の経歴を活かしながら、金融・製造・流通業のお客様を中心にAI活用コンサルや定着支援・人材育成・講演活動など、幅広く活動しています。

ヤエリ(@yaesuri_man

AIや機械学習、データサイエンスといった領域や、これまでに身につけたサラリーマンハックを中心に記事を執筆中。

おかげさまで当サイトもそれなりの副収入が発生しています。

 

2枚目のリクルートカードに申し込んだ経緯

 

前述の通り、個人用と事業用で、銀行口座とクレジットカードを分けたかったからです。

上記を分けておけば、青色申告時の帳簿記入が簡単だろうという判断から。

しかし、今使っているリクルートカードのポイントが結構良く、事業用についてもポイントを貯めたいと思った形。

そこで個人事業主用の口座「住信SBIネット銀行」から引き落とすためのリクルートカードを申し込んでみました。

 

注意点としては、1枚目と同じカードブランドは選べないという点。

例えば、既にJCBブランドのリクルートカードを持っている場合、同じJCBのリクルートカードを作ることはできません。

私がこのパターンでした。

この場合は、VisaかMasterのカードであれば作ることが可能です。

 

2枚目のリクルートカードの申し込み方

 

まずはこちらにアクセス。

 

 

普段リクルートカードを使う際のID/パスワードでログインします。

 

 

画面右側の「カードの追加・登録」を選択。

 

 

既にJCBに登録している人が追加できるのは「Visa」か「Master」のみです。

 

 

ここからMUFGのサイトに遷移します。

一般か学生を選択。このサイトを見ている多くの人は「一般」でしょう。

 

 

規約が表示されるので、内容を確認して「同意して進む>」。

 

 

 

以下のような情報を登録します。

 

  • お名前
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 性別
  • 職業
  • 出向区分
  • 郵便番号
  • 住所
  • 住所のフリガナ
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • お住まい(持家区分)
  • 居住年数
  • 居住費負担
  • ご家族
  • 同一生計人数
  • 世帯主との続柄
  • ショッピングの取引目的

 

 

勤め先情報を登録します。

登録項目が多いですが、頑張りましょう。

 

  • お勤め先または屋号&フリガナ
  • 所属部課(派遣先名称)&フリガナ
  • 郵便番号
  • 所在地&フリガナ
  • 直通電話番号
  • 業種
  • お勤め先種類
  • 資本金
  • 従業員数
  • 役職
  • 入社年月
  • 年収
  • 現在の無担保借入残高
  • キャッシングご利用可能枠
  • 運転免許証
  • 運転免許証(運転経歴証明書)番号12桁
  • キャッシングの取引目的
  • ショッピングお支払方法
  • 暗証番号
  • ETCカード
  • 銀聯(ぎんれん)カード
  • 携帯電話料金のお支払い
  • 金融機関名

 

 

金融機関によっては、ネットで口座設定手続きを完了させることができます。

私が選択した住信SBIはこれに対応していたので、迷わず「利用する」を選択。

 

 

「金融機関のページを表示する」。

 

 

引き落とし口座を選択。

今回私が個人事業用に準備したのは、「住信SBIネット銀行」です。

 

 

「ネット口座振替受付サービス」の情報を入力していきます。

 

 

情報を確認し「金融機関へ」を押します。

 

 

住信SBIにログインします。

スマホアプリからのロック解除を忘れずに。

 

 

規約を読んで確認したら、「同意する」。

 

 

内容を確認して「確定する」を押せば完了です。

 

 

更に三菱UFJニコス側の画面で手続きが進みます。

「次へ」。

 

 

入会申し込みの確認画面が出ますので、確認して「申込む」。

 

 

以上で申し込みは終わりです。

お疲れさまでした。

 

 

と同時に、確認メールが届きます。

 

 

2枚目のリクルートカードの申し込み 結果通知

 

結果通知もメールです。

私の場合、日曜日の夜22:30にwebから申し込んで、翌日の午前11:00頃に結果が届きました。

 

 

フォームに必要情報を入力し、ドキドキ・・・

 

 

だいぶ分かりにくいですが、とりあえずは審査通過のようです。

まずはよかった・・・。落ちたらちょっとショックですからね。

 

 

2枚目のリクルートカードの申し込み 事前案内

 

webでの結果通知から3日後、以下のような事前案内が届きました。

 

 

どうやらこの案内を行うことが法律で定められているようですね。

 

2枚目のリクルートカードの申し込み カードの到着

 

申し込みから6日後(営業日ベースで4営業日後)、遂にカードが届きました。

 

 

2枚目のリクルートカードに申し込み、ポイントを合算しようと思った話 まとめ

 

結論として、

 

  • 引き落とし口座の違う複数のリクルートカードの発行は可能
  • 但し、国際ブランドは分ける必要がある

です。

 

ご参考になれば幸いです。

 

その他、ライフハック関連の記事のまとめは以下です。

【2020年版】ライフハック関連の記事まとめ

続きを見る

-ブログ運営・ライフハック

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.