スキルアップしたい

Twitter APIに登録してみた~目指せ文系データサイエンティスト~

2019年11月26日

  1. HOME >

Twitter APIに登録してみた~目指せ文系データサイエンティスト~

2019年11月26日

Twitter APIに登録してみた~目指せ文系データサイエンティスト~

 

TwitterのAPIを利用して、pythonで自動いいねをしてみようと思い、APIを申請してみました。

ネットを見るとAPIの申請はかなり審査が厳しいとあったのでドキドキしていましたが、結論として記事を執筆している時点では即時okが出ました。

 

本記事の信頼性

 

大手IT企業所属の、自称「ビジネス支援型データサイエンティスト」。

元営業という異色の経歴を活かしながら、金融・製造・流通業のお客様を中心にAI活用コンサルや定着支援・人材育成・講演活動など、幅広く活動しています。

ヤエリ(@yaesuri_man

普段のお客様との会話の中でよく話題に上る内容。

名だたるデータサイエンティストの先輩を差し置いてあまり大それたことは言えませんが、ド素人である文系営業出身の私ならではの視点での紹介は喜んで頂けることが多いです。

 

Twitter APIでできること

 

  • ツイートデータの取得
  • 自動いいねや自動フォロー
  • ツイートの検索

 

などなど。

詳細は以下のページに詳しく記載されています。

 

 

Twitter APIの申請方法

 

Twitter Developerのページにアクセス

 

まずはhttps://developer.twitter.com/ にアクセスします。

 

 

 

twitterにログインしていない場合は、右上の「Sign in」からログインしましょう。

 

Apply をクリック

 

画面左上の「Developer」を選択して、

 

 

展開されたメニューの下の方の「Apply」を選択。

 

 

Apply for a developer accountを選択

 

 

APIを利用する用途を選択

 

「Get access to the Twitter API」のページが開くので、この中からtwitter APIを利用する用途を選択しましょう。

 

 

私はただの勉強目的なので、下の方の「Student」を選択しました。

用途を選択すれば、画面右下の「Next」を押せるようになります。

 

自分の情報を入力

 

 

自分の情報を入力します。

 

What country do you live in?(住んでいる国)

 

住んでいる国の選択です。

「Japan」を選択。

 

What would you like us to call you?(名前)

 

「何と呼べば良いか?」

twitterアカウントと同じく、「yaesuri_man」としました。

 

Send me product updates & occasional promotional emails about the Twitter API.(アップデート情報等のメール配信)

 

特にメールによるニュース配信は不要なので、チェック無し。

 

twitter APIの利用用途を入力

 

 

このあたりから若干難易度が上がってきます。

英語でtwitter APIの用途を説明しないといけません。

かつ、「最低200文字」などの制限もあります。

一つずつ見ていきましょう。

 

In your words(あなたの言葉で)

 

 

  • 英語で、twitter APIの用途を説明して下さい
  • 学生の場合は、学校名や教授の名前を記載して下さい(200文字以上で)

 

200文字以上の英語だと結構大変だと思いますが、Google翻訳などを利用して頑張って書いてみて下さい!

ちなみに私は以下のように申請しました。

 

I'm office worker in Japan .
And now I'm learning programming , python & API technology & machine learning .
So I want to use twitter API and making bot and more .
I want to make an auto reply bot , auto like bot and more .

 

The specifics(詳細)

 

 

  • 次の各質問に出来るだけ詳細に答えて下さい。
  • そうしないと、対応が遅れたり、最悪は否認される可能性がありますよ!

 

だそうなので、真面目に詳細に記載しましょう。

 

Are you planning to analyze Twitter data?

 

「twitterデータの分析を予定していますか?」

→分析を行う予定は無いため、「No」を選択しました。

 

Will your app use Tweet, Retweet, like, follow, or Direct Message functionality?

 

「アプリでツイート、いいね、フォロー、ダイレクトメッセージ機能を使用しますか?」

私はこの項目のみ「Yes」を選択しました。

回答した内容は以下の通りです。

 

As I said before , I'm learning programming , python & API technology & machine learning .
So I want to make a bot .

 

Do you plan to display Tweets or aggregate data about Twitter content outside of Twitter?

 

「tweetの表示や、集計を計画していますか?」

→「No」。

 

Will your product, service or analysis make Twitter content or derived information available to a government entity?

 

「あなたの製品や分析結果は、政府機関と関係ありますか?(翻訳に自信無し・・・)」

→良く分からないですが「No」。

 

確認画面

 

 

確認画面が出てきますので、正しければ右下の「Looks good!」を押します。

 

Developer Agreement(利用規約)

 

 

利用規約が表示されます。

確認したら、画面下のチェックボックスにチェックを入れ、右下の「Submit Application」。

 

完了

 

スクショを撮り忘れましたが、以上で終了です。

 

twitter APIの認証コードを取得

 

実際にtwitter APIの利用に必要となる認証コードを取得します。

(pythonなどにこちらのコードを入力していく形です)

 

「Get started」

 

画面右上の自分のアカウント名をクリックすると、プルダウンメニューが表示されます。

一番上の「Get started」を選択。

 

 

「Create an app」を選択

 

「Get started」の一番上の「Create an app」を選択。

 

 

「Create an app」を選択

 

初めてAPIコードを取得する際は、以下画面のように「No apps here」と表示されます。

改めて、画面右側の「Create an app」を選択。

 

 

App details(アプリ詳細)を入力

 

 

◀スマホは左スクロールで表示できます

【必須】アプリ名。他の人のアプリ名との重複はNGです。
【必須】アプリの説明。10文字~200文字で入れる必要あり。
【必須】twitterAPIを利用するURL。twitterのプロフィール画面でもokです。
APIを利用してtwitterにログインできるようにするかどうか
【必須】不明です。判明次第反映します。

 

②については、以下のような感じで良いと思います。

 

auto favorite api

※自動的にいいねをするAPI

 

上記⑤「Call back URL」については、エラーが出た時に結果を返す先を表しています。

特に気にしなければ、適当なURLで大丈夫です。

 

 

◀スマホは左スクロールで表示できます

※空白で構いません
※空白で構いません
※空白で構いません
※空白で構いません
アプリの使い方。英語で100文字以上

 

⑩については、以下のような感じで良いでしょう。

 

This application automatically likes on twitter.
In addition, it automatically retweets and likes We will also implement a function to automatically follow the person who did likes.

※このアプリケーションは、twitter上で自動的に「いいね」をするものです。

また、自動的にリツイートしたり、いいねしてくれた人をフォローするような機能も実装する予定です。

 

Review our Developer Terms

 

利用規約を確認して「Create」。

 

 

登録完了

 

以上で登録完了です。

以下画面の上部タブから、「Keys and tokens」を選択します。

 

 

  • Consumer API keys:ユーザごとにユニークなキー
  • Access token & access token secret:都度発行されるキー

 

「Access token ~ 」については都度発行されるので、画面右側の「Regenerate」を押してリフレッシュしてください。

 

 

大抵の場合、ここに書いてある

  • API key:
  • API secret key:
  • Access token:
  • Access token secret:

の4つを使用して、APIを動かします。

 

「python-twitter」と「tweepy」のインストール

 

最後に、Anacondaからpythonのtwitterライブラリ「python-twitter」と「tweepy」をインストールしておきましょう。

ネット上の多くのサイトがいずれかのライブラリを使用しているので、両方インストールしておけば間違いありません。

スタートメニューから「Anaconda Navigator(Anaconda3)」を開きます。

 

 

この部分から「not installed」を選んで、

 

 

この部分に「python-twitter」を入力して、検索。

 

 

「python-twitter」が表示されるので、左側のチェックボックスにチェックを入れ、画面したの「Apply」。

更に確認画面で「Apply」でインストールできます。

 

 

上記と同様に「tweepy」もインストールします。

以上でtwitter APIを利用する準備は完了です。

 

その他、pythonやkaggle、AI・機械学習といった記事のまとめはこちらです。

【2020年版】プログラミング関連の記事まとめ~目指せ文系データサイエンティスト~

続きを見る

ここからは、実際に私が購入し、おすすめできると思った本やオンラインスクールを紹介します。

 

機械学習のための「前処理」入門


 

まずはこちら。「機械学習のための『前処理』入門」です。

  • これから機械学習を始めてみたい
  • kaggleやSIGNATEにチャレンジしてみたい

という方には最適な本で、個人的には一番のおすすめです。

 

データモデルの精度向上には特徴量エンジニアリングが不可欠、というよりこれが全てと言っても過言ではありません。

各種環境準備の方法やコーディングの詳細に至るまで、誰にでも分かりやすく書かれています。

この一冊さえあれば、とりあえずkaggleにトライすることができます。

 

 

Udemy「みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習」


 

ベネッセが主催する、プログラミング未経験者を対象にしたコース。

数学や統計的な知識はそこそこに、文字通り人工知能と機械学習をゼロから学習できます。

受講生2万人以上、4千人以上の評価者から、5段階中4.0の評価を得ている、万人におすすめできる優良講座。

定価15,000円と高価ですが、90%OFFといったキャンペーンを頻繁に行っていますので、それを狙うのがおすすめ。

 

人工知能は人間を超えるか


 

pythonのコーディングからは離れますが、もしこの本を読んでいない人がいたら必ず一度は目を通しておいた方が良いです。

 

この界隈では有名な、東大の松尾豊先生の著書「人工知能は人間を超えるか」。

 

いわゆるAI・人工知能、機械学習といった昨今のキーワードを中心に、過去の歴史からここ最近の動き、今後の動向に至るまでを、平易な表現で丁寧に解説されています。

 

また日本ディープラーニング協会が開催する「ディープラーニング ジェネラリスト検定(通称:G検定)」の推薦図書の一つでもあります。

 

全てのビジネスマンにおすすめできる一冊。中古でもkindleでも構いませんので、これだけは目を通しておいた方が良いです。

 

-スキルアップしたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.