スキルアップしたい

【2019年11月版】Twitter APIに登録してみた【営業だってプログラミング】

2019年11月26日

  1. HOME >

【2019年11月版】Twitter APIに登録してみた【営業だってプログラミング】

2019年11月26日

【2019年11月版】Twitter APIに登録してみた【営業だってプログラミング】

TwitterのAPIを利用して、pythonで自動いいねをしてみようと思い、APIを申請してみました。

ネットを見るとAPIの申請はかなり審査が厳しいとあったのでドキドキしていましたが、結論として記事を執筆している2019年11月時点では即時okが出ました。

Twitter APIでできること

  • ツイートデータの取得
  • 自動いいねや自動フォロー
  • ツイートの検索

などなど。

詳細は以下のページに詳しく記載されています。

Twitter APIの申請方法

Twitter Developerのページにアクセス

まずはhttps://developer.twitter.com/ にアクセスします。

twitterにログインしていない場合は、右上の「Sign in」からログインしましょう。

Apply をクリック

画面左上の「Developer」を選択して、

展開されたメニューの下の方の「Apply」を選択。

Apply for a developer accountを選択

APIを利用する用途を選択

「Get access to the Twitter API」のページが開くので、この中からtwitter APIを利用する用途を選択しましょう。

私はただの勉強目的なので、下の方の「Student」を選択しました。

用途を選択すれば、画面右下の「Next」を押せるようになります。

自分の情報を入力

自分の情報を入力します。

What country do you live in?(住んでいる国)

住んでいる国の選択です。

「Japan」を選択。

What would you like us to call you?(名前)

「何と呼べば良いか?」

twitterアカウントと同じく、「yaesuri_man」としました。

Send me product updates & occasional promotional emails about the Twitter API.(アップデート情報等のメール配信)

特にメールによるニュース配信は不要なので、チェック無し。

twitter APIの利用用途

この辺りから

このあたりから若干難易度が上がってきます。

英語でtwitter APIの用途を説明しないといけません。

かつ、「最低200文字」などの制限もあります。

一つずつ見ていきましょう。

In your words(あなたの言葉で)

  • 英語で、twitter APIの用途を説明して下さい
  • 学生の場合は、学校名や教授の名前を記載して下さい(200文字以上で)

200文字以上の英語だと結構大変だと思いますが、Google翻訳などを利用して頑張って書いてみて下さい!

ちなみに私は以下のように申請しました。

I'm office worker in Japan .
And now I'm learning programming , python & API technology & machine learning .
So I want to use twitter API and making bot and more .
I want to make an auto reply bot , auto like bot and more .

The specifics(詳細)

  • 次の各質問に出来るだけ詳細に答えて下さい。
  • そうしないと、対応が遅れたり、最悪は否認される可能性がありますよ!

だそうなので、真面目に詳細に記載しましょう。

Are you planning to analyze Twitter data?

「twitterデータの分析を予定していますか?」

→分析を行う予定は無いため、「No」を選択しました。

Will your app use Tweet, Retweet, like, follow, or Direct Message functionality?

「アプリでツイート、いいね、フォロー、ダイレクトメッセージ機能を使用しますか?」

私はこの項目のみ「Yes」を選択しました。

回答した内容は以下の通りです。

As I said before , I'm learning programming , python & API technology & machine learning .
So I want to make a bot .

Do you plan to display Tweets or aggregate data about Twitter content outside of Twitter?

「tweetの表示や、集計を計画していますか?」

→「No」。

Will your product, service or analysis make Twitter content or derived information available to a government entity?

「あなたの製品や分析結果は、政府機関と関係ありますか?(翻訳に自信無し・・・)」

→良く分からないですが「No」。

確認画面

買う人

確認画面が出てきますので、正しければ右下の「Looks good!」を押します。

Developer Agreement(利用規約)

利用規約が表示されます。

確認したら、画面下のチェックボックスにチェックを入れ、右下の「Submit Application」。

完了

スクショを撮り忘れましたが、以上で終了です。

その他、pythonやkaggle、AI・機械学習といった記事のまとめはこちらです。

【2020年版】python・kaggle関連の記事まとめ【営業だってプログラミング】

続きを見る

 

ここからは、実際に私が購入し、おすすめできると思った本を紹介してみたいと思います。

 

機械学習のための「前処理」入門

 

まずはこちら。「機械学習のための『前処理』入門」です。

 

  • これから機械学習を始めてみたい
  • kaggleやSIGNATEにチャレンジしてみたい

 

という方には最適な本。個人的には一番のおすすめです。

 

データモデルの精度向上には特徴量エンジニアリングが不可欠。

 

というかこれが全てと言っても過言ではないのですが、各種環境準備の方法やコーディングの詳細に至るまで、誰にでも分かりやすく書かれています。

 

この一冊さえあれば、とりあえずkaggleにトライすることができます。

 

 

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング

 

Pythonのコーディングが、全てふりがなで解説されている、究極に親切な解説本です。

 

  • 「機械学習のための『前処理』入門」は、自分には難しすぎた
  • 英語アレルギーがありpythonコードに触れることすらできない

 

という方は、まずはこちらをご一読される事をおすすめします。

 

※但し、慣れてきたらすぐに上記「機械学習のための『前処理』入門」に移行される事をおすすめします。

 

 

仕事ではじめる機械学習

 

定番のオライリーです。

 

こちらはkaggleやSIGNATEなどのコンペティションというよりは、機械学習をビジネスで生かしていくためにはどうすれば良いか?という観点の内容が充実しています。

 

pythonコードの記述に留まらず、

 

  • 機械学習プロジェクトを成功させるにはどうすれば良いか
  • KKD(勘・経験・度胸)を掲げる抵抗勢力とはどう付き合うべきか

 

というような、実務に即した内容は個人的には本当に参考になったのですが、オライリーは初心者にはかなり敷居が高いので、まずは本屋で立ち読みして、レベル感をチェックしてみるのが良いと思います。

 

 

人工知能は人間を超えるか

 

pythonのコーディングからは離れますが、もしこの本を読んでいない人がいたら必ず一度は目を通しておいた方が良いです。

 

この界隈では有名な、東大の松尾豊先生の著書「人工知能は人間を超えるか」。

 

いわゆるAI・人工知能、機械学習といった昨今のキーワードを中心に、過去の歴史からここ最近の動き、今後の動向に至るまでを、平易な表現で丁寧に解説されています。

 

また日本ディープラーニング協会が開催する「ディープラーニング ジェネラリスト検定(通称:G検定)」の推薦図書の一つでもあります。

 

全てのビジネスマンにおすすめできる一冊。中古でもkindleでも構いませんので、これだけは目を通しておいた方が良いです。

 

 

-スキルアップしたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.