ガジェット

【2020年版】アメリカのアマゾンでスマホを購入した話~普通に買えます~

2020年3月18日

 

急にGoogle Pixel 3aが欲しくなった私。

諸般の事情から、アメリカのAmazon.comにて購入することに決めました。

注文から届くまでの流れを記事にしてみたいと思います。

 

こんな方におすすめ

  • アメリカのアマゾンで買い物をしてみたい
  • ちゃんと届くか心配
  • 関税がいくらかかるか知りたい

本記事の信頼性

 

大手IT企業でデータサイエンスを活用した受託分析業務に携わっています。

元営業という異色の経歴を活かしながら、金融・製造・流通業のお客様を中心にAI活用コンサルや定着支援・人材育成・講演活動など、幅広く活動しています。

ヤエリ(@yaesuri_man

実はデータサイエンス領域よりも、IT営業としてのキャリアが長いんです。

世の中「お金をかければ良いものが手に入る」のは当たり前。

お金とサービスに厳しいお客様に揉まれてきた経験から、コスパの良いガジェットやサービスが大好きです。

 

アメリカのアマゾン(Amazon.com)で購入するために必要なもの

 

アメリカのアマゾン(Amazon.com)での購入と配送。

実は特に問題なく買うことができます。

アメリカのアマゾンの購入に必要なもの

  • メールアドレス(GmailでOK)
  • クレジットカード

クレジットカードは、Visa、Master、American Express、JCBに対応しています。

JCBにもちゃんと対応しているのが嬉しいですね。

 

アメリカのアマゾン(Amazon.com)のアカウント登録

 

アメリカのAmazon.comでの購入。実はとても簡単です。

ステップを追って説明します。

 

Amazon.comへアクセス

 

なにはともあれ、Amazon.comへアクセスです。

 

 

アカウントの作成

 

まずはAmazon.comのアカウントを作成する必要があります。

※Amazon.co.jpとは別のアカウントです

画面右上の「Hello, sign in, Account & Lists」にマウスを乗せると、メニューが展開されます。

かなり分かりづらいのですが、「Sign in」のボタンの下にある「New customer? Start here.」を選択。

 

 

アカウントを作成する画面になります。

アカウント(メールアドレス)やパスワードは、日本のAmazon.co.jpとは違うものにしましょう。

万が一どちらかのアカウントが乗っ取られた時の対策用として、です。

 

 

情報を入力し「Create your Amazon account」を押すと、設定したメールアドレス宛に認証メールが送信されます。

そのメールに記載されている番号を登録しましょう。

 

 

認証コードを入れて「Create your Amazon account」を押せば、登録完了です。

トップ画面に移り、自分の名前でログインできている事が分かると思います。

 

 

※上記写真はモザイクをかけていますが、ちゃんと貴方の名前でログインできていることを確認しましょう。

 

住所と支払い手段の登録

 

商品選択前に「住所」と「支払い手段」を登録しておけば、その商品が日本に発送可能か、また関税はいくらか、を計算してくれます。

そのため、先に登録しておくのがおすすめです。

 

画面右上の「Account & Lists」から「Your Account」を選択。

 

 

画面左下の「Your Addresses」を選択し進みます。

 

 

さて、ここから英語で住所を登録するわけですが、紛らわしいので順を追ってゆっくり説明しますね。

 

 

サンプルとして、

「〒100-0001 東京都千代田区千代田1-1-1 山田 太郎 090-1234-5678」

の場合、以下のように入力します。

 

番号 記載 入力例
Country/Region Japan
Full name Taro Yamada
Street address 1 - 1- 1
City Chiyoda ku Chiyoda
State / Province / Region Tokyo
Zip Code 100-0001
Phone number +81-90-1234-5678

 

電話番号のみ要注意です。

先頭の「090」が、「+81-90」となります。

(「+81」は、日本の国コードです)

 

続いて、支払い方法(クレジットカード)の登録です。

画面右上の「Account & Lists」から「Your Account」を選択。

その後画面左下の「Payment options」です。

 

 

画面中央にある、「Credit or Debit Cards」欄に必要情報を記入します。

 

 

こうなれば成功です。

 

 

ここまで完了すれば、あとは買い物を楽しむのみです!

 

アメリカのアマゾン(Amazon.com)でGoogle Pixelを購入

 

実際に「Google Pixel」を購入してみます。

 

商品の検索

 

続いて、商品の検索。

ログインした状態で今回購入したい商品「Google Pixel 3a」をそのままフォームに打ち込むだけです。

 

 

該当商品が表示されます。

※「Unlocked」と表示されているものが、SIMフリー版です。

 

 

買い物かごに入れます。

 

買い物かごへ

 

購入画面は以下ですが、ここで少し悩ましい点が。

 

 

まず、「import Fees Deposit(輸入税等前払金)」※が$25.75かかります。

こちらは、通関でかかる輸入税、関税、その他手数料の見積額、それら合計金額の前払い金。

これは「AmazonGlobal」というサービスの一環。これを払っておけば、後から関税や手数料などを請求される事がないあんしん制度です。

これに加えて、以下のような配送料が発生します。

配送優先度 追加金額
注文日から8日以内 $18.13
注文日から6~10営業日以内 $12.68
注文日から10~15営業日以内 $7.68

 

待ちきれないので、私は「注文日から8日以内($18.13)を選択。

すると、トータル金額は以下になりました。

 

 

上記を注文したのが、日本時間3/18(水)の、朝04:30頃。

 

 

アメリカのアマゾン(Amazon.com)でGoogle Pixelを購入 決済後、配達されるまで

 

当たり前ですが、購入後は日本のAmazon.co.jpと同じく配送状況の確認が可能です。

 

 

※日本とアメリカとの間は約半日の時差があるのでご注意ください(日本の方が半日進んでいる)

また実際の配送ログは、下から上に行くにつれて新しくなります。

(ブログ用に、上から下に書き換えています)

 

現地時間3月18日(水)

 

Wednesday, March 18

Package has shipped

  • 5:24 PM Package received by carrier(Kansas City, MO US)
  • 9:39 PM Package has left the carrier facility(Kansas City, MO US)
  • 9:39 PM Package arrived at a carrier facility(Kansas City, MO US)
  • 9:39 PM Package has left the carrier facility(Kansas City, MO US)

※ちなみに、日本とは14時間の時差があります(日本が14時間進んでいる)。

商品はカンザスにあるようです。

 

 

初めの

  • 5:24 PM Package received by carrier(Kansas City, MO US)

 

のタイミングで、DHLからeメールと携帯SMSが届きました。

 

 

決済時点の配達予定日は3/26(木)でしたので、約2日、納期が縮まった模様。

しかしAmazon.comの配送ステータスは変わらず。

どっちが正しいのでしょう?

 

 

ちなみにDHLのサイト上からは、上記Amazon.comの追跡内容の日本語版を見ることができます。

 

水曜日, 3月 18, 2020

  • 17:24 荷物集荷(KANSAS CITY, MO - USA)
  • 21:39 DHL施設にて搬送処理中(KANSAS CITY - USA)
  • 21:39 DHL施設から出発 KANSAS(CITY - USA)

 

現地時間3月19日(木)

 

Wednesday, March 19

  • 4:18 AM Package arrived at a carrier facility(Cincinnati Hub, OH US)
  • 5:57 AM Package has left the carrier facility(Cincinnati Hub, OH US)

 

DHLの日本語訳は以下。

 

木曜日, 3月 19, 2020

  • 04:18 DHL施設にて搬送処理中 CINCINNATI HUB - USA
  • 05:57 DHL施設から出発 CINCINNATI HUB - USA
  • 21:56 通関手続き情報の更新

 

商品は、カンザスから1,300kmほど離れたシンナシティに移った模様。

※日本とは14時間の時差があります(日本が14時間進んでいます)

 

 

一方、DHLの日本語版ですが、日本側の通関の処理が表示され始めました。

現地時間なのか、前日の日本時間なのかは不明。

3月20日(金)

 

Wednesday, March 20

  • 6:26 PM Package arrived at a carrier facility(Tokyo, XX JP)
  • 7:57 PM Completed customs clearance process(Tokyo, XX JP)
  • 8:57 PM Completed customs clearance process(Tokyo, JP)

 

DHLの日本語訳は以下。

金曜日, 3月 20, 2020

  • 12:32 転送中 NARITA - JAPAN
  • 17:48 通関手続き情報の更新
  • 19:26 DHL施設へ到着 TOKYO - JAPAN
  • 20:57 通関許可 TOKYO - JAPAN

 

「Completed customs clearance process」なので、日本の税関を通過した、ということですね。

恐らく成田空港でしょう。

 

 

3月21日(土)

 

Wednesday, March 21

  • 1:01 AM Package arrived at a carrier facility(Tokyo, JP)
  • 2:04 AM Package has left the carrier facility(Tokyo, XX JP)
  • 3:04 AM Package has left the carrier facility(Tokyo, JP)
  • 6:56 AM Package arrived at a carrier facility(Tokyo, XX JP)
  • 12:05 PM Package transferred to local postal carrier for final delivery(Tokyo, XX JP)
  • 1:05 PM Transfer to local carrier for final delivery.(Tokyo, JP)

 

DHLの日本語訳は以下。

 

土曜日, 3月 21, 2020

  • 01:01 DHL施設にて搬送処理中 TOKYO - JAPAN
  • 03:04 DHL施設から出発 TOKYO - JAPAN
  • 07:56 DHL施設へ到着 TOKYO - JAPAN
  • 13:05 国内配送業者への荷物引渡し完了

 

キャリア(DHL)のベース配送拠点に移動し、そこから各地域の配送拠点(営業所)に移動したようです。

ただしいまだに配達予定は、

  • DHL:3月24日(火)
  • Amazon.com:3月25日(木)

のまま。

地域の営業所に届いてから配達まで数日もかかるのでしょうか・・・?

 

3月22日(日)到着

 

Amazon.comの予定より4日、DHLの予定より2日早く、3月22日(月)午前中11:30に到着しました。

 

Sunday, March 22

  • 5:38 AM Package transferred to local postal carrier for final delivery
  • 6:38 AM Transfer to local carrier for final delivery.
  • 11:40 AM Delivered

 

DHLの日本語訳は以下。

 

日曜日, 3月 22, 2020

  • 06:38 国内配送業者への荷物引渡し完了
  • 12:40 配達完了

 

持参してくれた配達業者は、佐川急便さんです。

 

 

外箱、けっこう汚れがついてます・・・。

更に箱を振るとゴトゴトと音が。

これはもしや・・・

 

 

開けてみると梱包材ゼロの隙間だらけ。

スマホの外箱自体も少しホコリっぽい気が。

やはり日本のアマゾン(Amazon.co.jp)の過剰包装を期待してはダメですね。

 

パッケージを見たらちゃんと外国製(カナダ製)になっていました。

 

 

アメリカのアマゾンでスマホを購入した話~普通に買えます~ まとめ

 

今回のまとめです。

 

今回のまとめ

  • アメリカのアマゾン(Amazon.com)は、普通に買い物できる
  • 購入には会員登録と、メールアドレス&クレジットカードが必要
  • 関税なども全て計算してくれる。商品代金と一緒に支払う形式

今回はスマホを購入しましたが、海外版とはいえ、アメリカのアマゾンの方が数千円安かったのには驚きでした。

皆さんの参考になれば幸いです。

 

便利なガジェットに関するまとめは以下です。

是非こちらもどうぞ。

ガジェットに関する記事のまとめ

続きを見る

-ガジェット

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.