就職・転職したい

「仕事が忙しくて転職活動できない」人へ

2018年11月12日

「仕事が忙しくて転職活動できない」人へ

転職したいけど、今の仕事が忙しくて転職活動ができない。

こういう方は多いと思います。

転職先候補企業が少し余裕のある会社であれば、面接の時間を定時以降に調整してくれたりなど融通を効かせてくれるかもしれません。

しかし最近は働き方改革の流れで、定時退社を推奨する企業が増えています。

中途採用に携わる人事部を中心とするスタッフ部門であれば尚更です。

またそもそも、候補者から「定時以降に面接をする会社って大丈夫なの??」と思われる可能性があるので、筆記試験や面接に平日日中帯の時間を指定してくる企業も増えてきています。

一方転職者は、今の会社の業務が忙しすぎて転職活動に時間を割けない(面談や選考はもちろん、情報収集もできない)という状況にもなると思います。

そんな方に向けて、どのような対策をしたら良いか記事にしてみました。

「仕事が忙しくて転職活動できない」人へ 自分にとっての優先順位を見直す

こういう方々に対して少しだけ厳しい言い方をすると、

「転職より今の仕事を優先している」

と言えなくも無いですよね。

「今この瞬間、人生において自分は何を優先すべきか?」

って、実は結構大事なテーマでして、確固たる自分の考えが無いと日々の業務に流されてしまいがちです。

そんな人にお勧めなのは、ズバリ以下の本です!

※アフェリエイトではないので安心して踏んでください。

  • 自分の価値観を認識する
  • 価値観に基づいて、どういう人生を過ごしたいかを定義
  • それを細分化して、今自分が何をすべきか?行動に落とし込む

という様式美がギュッと詰め込まれています。

「本の紹介は良いから、とりあえず結論だけ教えてよ!」という方は次の項へ進んでください。

「仕事が忙しくて転職活動できない」人へ とりあえず現職を辞める

凄く極端な事を言うと

  • とりあえず仕事を辞める
  • その上で転職活動をする

という極端な選択肢もゼロではないと思います(私はあまりオススメしませんが)。

一時的に給料は入らなくなりますが、人間は大抵の事では死なないので、今の会社が本当に嫌だったら、この方法はオススメです。

※参考記事

一方で、

  • とりあえず辞めるなんて、そんなリスク取りたくない
  • 今の職場を保険にしつつ、のらりくらり転職活動して、今より良い所があったら移りたいのだ

という至極まっとうな考え方をお持ちの方は、最後の項に進んでください。

「仕事が忙しくて転職活動できない」人へ 仕事しながら転職活動

個人的に一番のお勧めはこれです。

今の仕事をしながら転職先を探せば良いと思います。

具体的には、自分が普段接している顧客や、仕入先(パートナー)の会社を転職先の一つとして見据え、色々情報収集をするわけです。

普段仕事で付き合っている会社であれば、転職時の面接タイミングだけでは分からない相手の会社の内情も見えてきますし、対面の担当者からダイレクトに情報を仕入れる事もできます。

具体的な方法は以下の記事に詳細に記載していますので、こちらも是非どうぞ。

「仕事が忙しくて転職活動できない」人へ 注意点

一個だけ注意点です。

いくら「仕事しながら転職活動」と言っても、執務中にあからさまに面接を受けたり転職試験を受けたりすることは現職への職務規定違反です。

あくまで、現職の仕事を全うし、顧客、仕入先(パートナー)の各満足度を上げる活動と並行して情報を仕入れるようにして下さい。

普通に考えて頂ければご理解頂けると思いますが、顧客や仕入先企業も、職務規定違反をするような人は雇いたくないと思います。

そもそも仕事の中での彼らからの評価が下がりますので、転職に悪影響を及ぼします。

  • 今の仕事には全力で臨み、全関係者の満足度の最大公約数を狙う
  • その活動が、自然と転職活動につながっていた

こういう流れが一番美しいです。

サラリーマンである前に一人の人間。義理を欠かしてはいけないです。

今の会社や顧客、仕入先に感謝をしつつ、自分自身の評価を高めながら、それが転職に結び付けられると最高です。

その他、就職・転職を考えている人への記事のまとめはこちら。

【2020年版】就職・転職を考えている人向けの記事まとめ

続きを見る

-就職・転職したい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.