就職・転職したい

転職時の不安を和らげるには、なるべく多くの社員と会う

2018年11月12日

転職時の不安を和らげるには、なるべく多くの社員と会う

転職が決まったという方、おめでとうございます!

私も一度だけ経験がありますが、転職が決まってから初出社日までの不安とワクワクはとても新鮮なものですよね。

私は小心者なので、なるべく転職で失敗したくありませんでした。

そのため転職の際は、面接の段階を進めるのと並行して、転職先の会社の社員となるべく多く会うようにしていました。

多くの方がリクナビなどのサイトを使って転職されると思うので、転職先の詳しい情報が無いまま初出社日を迎えるのではないかと思います。

この「なるべく多くの社員と会う」ことは、初出社日までの不安を和らげる効果もあると思いますので、記事にしてみたいと思います。

※最近、なるべく初めに結論が分かった方が良いと思い、表題に結論を書くようにしています。

ただいつも思うのですが、表題に結論が書いてあると、「身もフタも無い」感が半端ないですよね・・・

転職時の不安を和らげるには、なるべく多くの社員と会う メリット

メリットは数え切れません。

  • 転職サイト経由だけでは仕入れられない、生の社員の声を聞くことができる
  • マイナスポイントも含めてヒアリングできるので、覚悟を決められる(入社後のミスマッチの解消)
  • その会社での具体的な労働イメージを持てるので、初出社日までの不安が和らぐ

転職サイトやエージェントも、その会社の社員ではないので、人事部から渡された、ある意味「お化粧された」情報しか持ち合わせていません。

また面接時の面接官も、その場で生々しい情報は伝えにくいものです。

そのため、なるべく多くの社員に会ってヒアリングすることは、生の情報を仕入れられるという点でメリットがあります。

転職時の不安を和らげるには、なるべく多くの社員と会う 私の経験

私は転職経験は一度きりですが、その際は以下のような方から情報を仕入れました。

  • フォーラムで講演されていた方(その会社のサービスを講演されていて興味を持った)
  • 一次面接の面接官(後に自分の上司になった)
  • 友人の友人(たまたまその会社で働いていたので、根掘り葉掘り聞けた)

特に友人の友人がたまたま転職先の企業で働いていたことが大きかったです。

友人の友人ということでたまたま同世代ということもあり、相手も良い点や課題など含めて色々話しやすかったそうです。

(但し、課題・悪い点というのはほとんどありませんでした。「平均労働時間が長い」程度。これは事前に分かっていた)

個人的にも初出社後の自分の姿をイメージしやすく、入社日までの不安を払拭できた点は、精神衛生上も良かったです。

転職時の不安を和らげるには、なるべく多くの社員と会う 今の自分は?

お陰様で楽しく仕事させて頂いています。

今度は自分が情報提供する番と考えており、当社に入社を希望する人にはなるべく正しい情報を伝えて、入社後のミスマッチが起きないようにしています。

間違った情報を伝えて入社されても、誰も幸せになりませんから。

転職時の不安を和らげるには、なるべく多くの社員と会う 課題と対策

課題はやはり

「いかにしてその会社の社員と知り合いになるか」

です。

私の場合はたまたま友人の友人が勤めていた事が大きかったですが、そういった偶然はなかなか無いと思います。

そこで私のお勧めは

「普段仕事で付き合っている会社を、転職先として見据える」

です。

「普段仕事で付き合っている会社」は、顧客でも良いですし、仕入先(パートナー企業)でも構いません。

普段仕事で付き合っていれば知り合いも増えますし、その会社の内情を情報収集できるチャンスも広がります。

更には、一般転職者のようにリクナビやハローワーク経由ではなく、別ルートで転職させてもらうことも不可能ではありません。

具体的な方法は以下の記事に記載していますので、お時間がありましたら是非読んでみてください。

その他、就職・転職を考えている人への記事のまとめはこちら。

【2020年版】就職・転職を考えている人向けの記事まとめ

続きを見る

-就職・転職したい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.