スマートに働きたい 就職・転職したい

サザエさん症候群を克服する、転職以外の本質的な方法

2019年7月29日

サザエさん症候群を克服する、転職以外の本質的な方法

日曜の夜サザエさんが始まる頃、明日からの仕事を考えて憂鬱になるアレです。

ネットを検索すると色々なブログが表示されますが、サザエさん症候群を克服するための、本質的な方法を記載されているサイトがほとんどありません。

また「転職して環境を変えろ」とか「生活リズムを崩さないようにしよう」とか「睡眠をしっかり取ろう」とか、的を得ない主張ばかり。

普通に考えたら転職はリスクですので、いくら現業が辛くてもそう簡単には踏み切れないのが実情です。

そこで、サザエさん症候群を克服するための本質的でシンプルな方法を記事にしてみようと思いました。

過去の私の経験を踏まえ、一人でも多くのサラリーマンがこの症状から脱することができれば幸いです。

サザエさん症候群 私の事例

私は30代前半に現在の会社に転職し、すぐに壁にぶち当たりました。

業界大手である現在の企業に転職した瞬間

  • 案件規模の違い
  • 仕事で関わるメンバーの多さの違い
  • 気遣いのポイントの違い
  • 顧客担当者のレベルの違い

などなど数多くの違いを目の当たりにし、そこそこイケてるサラリーマンだった前職とのギャップに苛まれていました。

ちなみに私の場合は、サザエさん症候群(日曜日の夕方)などと生ぬるいものではなく、金曜の夜の帰りの電車の中で、既に月曜が憂鬱でした。

土日もずっと月曜の仕事を考えて嫌な気持ちで過ごしていたので、よく鬱にならずに出社していたなぁと思います。

サザエさん症候群 なぜ私は克服できたか

偉そうに言うわけではありませんが、結果的に私は他部署へ異動することで克服できました。

あまりにも仕事が出来なさ過ぎて、その部署をクビになったわけです。

異動後の部署は本当に色々な業務を行っており、最終的に現在の職務にありつくことができ、楽しく仕事をしている今の自分がいる、というわけです。

大企業は部門が変われば別会社。

人間関係も職務内容も相手も評価方法も、全てがガラッと変わるわけです。

再転職を考える前に、部署異動を考えてみるのが良いのではないか?という、現在の私の考えの礎になっています。

サザエさん症候群を克服する、転職以外の本質的な方法 まとめ

というわけでまとめは以下です。

まとめ

  • 「サザエさん症候群」本質的な克服は、楽しい仕事をすること
  • 転職にはリスクがあるので、まずは部署異動を考えること
  • それでもダメな時は転職を考える

関連記事は以下です。

大企業限定の話になりますが、部署異動で環境を変える事は、リスクが最小限・かつ環境を変える事ができるので本当におすすめです。

退職よりも低リスク。社内転職のすすめ

続きを見る

それでもダメだった時に、社外への転職を考える

部署異動をしてみて、それでもダメだった時(行き場所がなくなった時)に、初めて社外への転職を考えます。

転職サイトを活用するわけです。

転職サイトの有効な使い方は、まずは職務経歴を登録して、自分の市場価値を知ること。

自分の市場価値を正確に把握し、どんな求人があるか、視野を広げることから始めるのです。

いきなり求人に飛びつくと高確率で失敗します。

自分にはどんな求人があるか?どの位の年収を狙えるのか?

それらが分かったタイミングで徐々に企業を探し始める。

就労人口が減っている日本は慢性的な人手不足。求人は無数にありますので焦る必要はありません。


その他、スマートに働くための記事のまとめはこちらです。

スマートに働きたい人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

-スマートに働きたい, 就職・転職したい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.