就職・転職したい

40代の転職。仕事の関係をフル活用

2018年11月19日

40代の転職。仕事の関係をフル活用

一般的には、転職市場で人気があるのは30代前半~中盤くらいのようです。

しかし自分の周りを見ていると、40歳を超えてもなかなか良い条件で転職を決めている人が結構います。

彼らは転職サイトは使っておらず、自分の仕事の人間関係の中でうまく転職先を探しています。

具体的にどのような方法で転職先を探しているのかを記事にしてみたいと思います。

40代の転職。私の歴代上司の転職状況

若い頃の私は、30代中盤を超えたら転職先が全然無くなるものと考えていました。

しかし、特に私の歴代の上司などがそうなのですが、結構良い条件で転職を決めている人が多い状況です。

  • 純粋に年収UP
  • 年収据え置きで、自分がやりたかった仕事に転職 など

また、国産企業から外資系に移る人が多い印象があります。

要はそこまでの仕事でどんな経験を積むか、どんな人達と仕事をしてきたか、によって、良い条件で転職ができるのでないかと思います。

40代の転職。具体的な方法

具体的な方法は

  • 普段付き合いのあるお客様や社外パートナー(仕入先)を転職先として見据える

を行っている人がほとんどです。

詳細は以下の記事に記載しています。

普段の仕事の中でお客様や社外パートナー(仕入先)と密に連携し、彼らの満足度を最大化していました。

お客様の満足度を追い求めるのは当たり前ですが、お客様かつ社外パートナー(仕入先)の満足度まで最大化する事を考えている人は少ないのではないかと思います。

というような内容を上記の記事に記載していますので、是非読んでみて下さい。

40代の転職。転職後、どうなったか?

当然そういう方は辞め方も上手なので、転職後も付き合いが続き、一緒に仕事をすることも多いです。

私の歴代の上司数人の事例にはなりますが、

  • 現在も転職後の会社に勤め続けている(年収は上がったまま)
  • 次の会社に転職をしており、さらに年収が上がっている

という方ばかりです。

※中には「昔からやりたかったNPOに入った」という方もいますが、そういう方は自ら望んで年収DOWNの道を選ばれた方なので、ここでは除外します。

要は、ほぼ全員の方が、上がった年収を維持しているか、さらに上の年収レンジに上がっているのです。

40代の転職。まとめと注意点

まとめとしては、

  • 転職サイト等ではなく、普段の社外取引先(お客様やパートナーなど)を転職先として見据えている
  • そのため転職サイトより各段に情報量が多く、入った後に成功する(失敗しない)転職先を選ぶことができる
  • またどの位の条件を提示されるかも事前に分かる

という感じでしょうか。

上記に加えて

  • 身近な取引先の満足度を上げる事は、現在の会社における自分自身の評価を上げることにもつながる

というメリットもありますので、是非おすすめです。

 

最後に注意点としては、

  • 営業やマーケティングなど、社外の取引先とやり取りできる立場でないと、この手は使えない
  • 仮に転職したとしても、転職先の内部変化(吸収合併など)によって状況が変わる可能性はある

あたりでしょうか。

(後者については今の会社にいてもこのリスクはありますので、あまり気にする必要は無いかもしれませんが)

このあたりの関連記事は以下に記載しておりますので、よろしければこちらも是非どうぞ。

その他、就職・転職を考えている人への記事のまとめはこちら。

【2020年版】就職・転職を考えている人向けの記事まとめ

続きを見る

-就職・転職したい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.