就職・転職したい

【転職活動】志望動機が思い浮かばない時は、先輩社員を引き合いに出す

2019年1月8日

【転職活動】志望動機が思い浮かばない時は、先輩社員を引き合いに出す

本来、転職や就職、志望動機があって初めて活動を開始するのが筋ですが、そうは言ってられない状況もありますよね。

どうしても志望動機が思いつかない時の裏ワザをこの記事で紹介したいと思います。

若干小手先ではありますが、何かのヒントになればという思いと、既に強い志望動機がある人であっても、それを補足する補助志望動機としても使える内容です。

ポイント

補助的な志望動機としても活用できます!

先輩社員を引き合いに出す 具体的な方法

転職・就職したい会社の中で先輩社員を見つけ、面接時等で以下のように説明する流れです。

面接時の説明方法

  • 「〇〇部の××様」という正確な名前と、見つけた際の先輩社員の話を正確に記憶しておく
  • 面接時に「■■月△△日にお会いした〇〇部の××様のお話しが大変印象でして・・・。是非一緒に仕事をさせて頂きたいと思いました」的につなげる

ポイントは

「■■月△△日にお会いした・・・」

と、具体的に会った日とその際の会話の内容を正確に記憶し、面接時に説明することです。

正確に説明することで、例え「エア志望動機」であっても、信憑性を持たせることができます。

ココがポイント

先輩社員に会った際の日付と会話の内容を、正確に記憶しておく

 

それでは、次の項からは、具体的な先輩社員の見つけ方を解説していきたいと思います。

先輩社員の見つけ方

新卒の場合

就活セミナー

色々なセミナーで先輩社員が登壇されていると思います。

その際の登壇内容を一字一句メモり(できればスマホなどで録音して)、記憶し、面接時に志望動機として使ってしまうのです。

多くの場合、採用セミナーなどに駆り出される先輩社員は、その会社の中では優秀な社員である事が多いです。

そのため、

  • ■■月△△日の??セミナーの際、〇〇部の××様の話に感銘を受けまして・・・

という話は採用側から見て不自然な志望動機ではありません。

OB訪問

大学の卒業生のツテを使ってOBに会い、会社の話を聞かせてもらうパターンです。

その場の先輩社員の会話の内容に感銘を受けた場合のみ、志望動機として活用してしまいましょう。

何点か注意点があるとすれば以下です。

  • 不自然におべっかにならないように気をつける

※セミナー登壇者と違い、ごく一般的な社員である場合があります。

  • 面接後、人事が先輩社員に裏を取る可能性がある事を忘れない

※言うまでもないですが、いくら大学の先輩といえど、今はその組織の一員です。むしろ向こうは採用時の見極めが目的です。

  • 会話を録音したい場合は、事前に相手に断りを入れる

※こちらも言うまでもありません。人間としての最低限のマナーです。

 

新卒の場合、転職と違い圧倒的に不利なのが、何千・何万といるライバルの中で比較されてしまう点です。

みんながみんな同じような志望動機、自己PRをするので、自然と採用側は見る目が厳しくなってしまいます。

 

次に転職の場合を解説します。

転職の場合

仕事上のツテ

転職の場合は、新卒と比べてかなり有利なのは、やはり仕事上のツテを活用できる点です。

詳細は以下の記事に記載させて頂いていますが、その企業の内情をあらゆる手段で情報収集することができますので、転職時の失敗も少なくなります。

ハローワーク&リクナビいらず 転職先は仕事中に見つけ、確保する

続きを見る

一点だけ注意点としては、就業中にあからさまな転職活動を行う事は避けましょう。

組織に所属している人間。当たり前ですが就業規則はちゃんと順守しましょうね。

転職サイトを活用

仕事上のツテが無い時は、転職サイトを活用します。

転職サイトの有効な使い方は、まずは職務経歴を登録して、自分の市場価値を知ること。

自分の市場価値を正確に把握し、どんな求人があるか、視野を広げることから始めるのです。

いきなり求人に飛びつくと高確率で失敗します。

自分にはどんな求人があるか?どの位の年収を狙えるのか?

それらが分かったタイミングで徐々に企業を探し始める。

就労人口が減っている日本は慢性的な人手不足。求人は無数にありますので焦る必要はありません。


志望動機が思い浮かばない時は、先輩社員を引き合いに出す まとめ

いかがでしたでしょうか。

かなり小手先かもしれませんが、取ってつけたような志望動機よりは、まだマシですよね。

ただ、もし貴方が今の環境がイヤで転職を考えている場合は、個人的には転職活動を考える前に、まずは社内異動できないかを検討する事をおすすめしたいです。

具体的な方法は以下の記事に記載していますので、よろしければ是非こちらもどうぞ。

その他、就職・転職を考えている人への記事のまとめはこちら。

【2020年版】就職・転職を考えている人向けの記事まとめ

続きを見る

-就職・転職したい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.