ガジェット

使用感が良く安価なおすすめ2大ワイヤレスマウス ~貧乏サラリーマン向け~

2019年5月21日

使用感が良く安価なおすすめ2大ワイヤレスマウス

マウスなんて会社に転がってるやつ使えば良くないですか?
いやいや使用感にこだわった方が良いって!作業効率が全然違うよ!!
うーん、そんなもんですか・・・?

貧乏性なのにモノにはこだわりたい私。

安くて良いものに目がありません。

ほぼノートパソコンが全盛の今日ですが、なかなかタッチパッドに慣れず、マウスが必須という人も多いと思います。

この記事ではそんな私がおすすめするマウスを紹介しています。

ちなみに私、これらのマウスに出会うまでにかれこれ10個くらい無駄遣いしました。

ちゃんと実店舗のサンプルを触ってみて買ってみても、実際に自分の環境で使ってみるとしっくりこないケースが多いのですよね。

紹介はたった2つのみですが、いずれも長年私が探し求めていた要素が凝縮された名機。心の底からおすすめできるものです。

(ちょっと大げさですが笑)

それぞれ静音型を仕事用(社外用)、多機能型を自宅用 と使い分けていますので、そのポイントをご紹介します。

マウスは外出用/自宅用 両方を用意しよう

出先用と自宅用でPCを使い分けている人は、マウスもそれぞれ外出用と自宅用を用意しましょう。

既にお気づきの方が多いと思いますが、1つのワイヤレスマウスを複数のPCで使用すると、付属のUSBレシーバーをPCに刺しっぱなしで忘れてしまいます。

USBレシーバーは小さいので、付け忘れに気づきづらいのです。

ここで紹介しているものはそんなに高いものでもないので(1,000円~2,000円程度)、外出用と自宅用それぞれ購入することをおすすめします。

マウスの選び方

使用感については次の章で製品別に紹介させて頂きますが、その他選び方をまとめてみたいと思います。

2,000円以下

我々サラリーマンにとってマウスは単なる備品です。

極限の使用感を求めるゲーム用マウスとは違うので、限られた金額の中で、

  • 使用感が良い
  • 疲れない

といった機能を見たしていればOKです。

USB型ワイヤレス

今どき有線マウスを使っている人は少ないと思いますが、ワイヤレスがおすすめです。

特にノートパソコンを持ち歩いている人には必須でしょう。

一時期、安価なワイヤレスマウスは微妙にカーソルの反応が遅かったりしたものですが、最近のものは品質が格段に向上しています。

更におすすめなのが、Bluetooth型ではなくPC本体に小型のUSBレシーバーを刺しっぱなしにしておくタイプ。

Bluetooth型はまだまだ高価で、2,000円で買える選択肢が少ないためです。

コスパの高いおすすめマウス① ロジクール M331 静音マウス

私の外出用マウスはこちらの「ロジクール M331」。

Amazonの評価も高く、評判の良いものです。

おすすめポイントを順番に紹介してみたいと思います。

ポイント①クリック音が静か

まず使ってみて驚くのが、クリック音が本当に静かな点。

通常のマウスのクリック音は

  • カチカチ

という高らかな感じで、場所によっては耳障りになることが多いですが、このマウスのクリック音は

  • コツコツ

という感じで、周囲に気になるクリック音をほとんど感じさせません。

私のようにモバイルワークオフィスや喫茶店など、社外で仕事をする人には本当におすすめできます。

メーカーが言う「クリック音を90%以上軽減」は伊達ではありませN。

ポイント②ボタンが最低限(2ボタン+ホイール)

多機能マウスではないので左右ボタン+ホイールの最低限しかありません。

多機能マウスですと、左右にボタンがついていたりしますが、これは諸刃の剣でして、押したくもない時に押してしまって誤動作を引き起こす事がよくあります。

(本体のマウスドライバの設定で無効にもできると思いますが、私はそれを設定するのすら面倒のです・・・。)

それに引き換え、このマウスは最低限のボタンしかありませんので、間違って押して意図しない動作を引き起こす事はありません。

ポイント③ホイールが回しやすい

写真をご覧頂ければ分かると思いますが、ホイールの山が尖っておらず、平面になっています。

ホイールはゴム製かつギザギザがあり引っかかりが良いので、回しやすいです。

ちなみにたまにカリカリというホイール音を発するマウスもありますが、こちらはそんなホイール音もありません。

ポイント④電源ON/OFFボタンがある

本体の裏側にマウスの電源ON/OFFボタンがあります。

電源OFFにしておけば、カバンに入れて移動する時も電池消費の心配が無いのでしょう。

※但し実際に効果があるかどうかは不明。マウスの電源でそう簡単に切れるものでもないですからね・・・。

写真は裏ブタを開けた状態です。ここにUSBレシーバーも格納できるようになっています。

ポイント⑤電池付属ですぐ使える

商品と一緒に単三電池が付属していますので、すぐ使えます。

こういった点も嬉しい配慮ですね。

気になる点:電源ONを忘れる

電源ON/OFFボタンがあると、OFFにしていたのを忘れていざ使用する際に一瞬「あれ?あれれ??」となる事も多いです。

慣れの問題なのかもしれませんが、次に紹介するマウスが電源ON/OFFボタンが無くすぐ使えるタイプなので、外出先と自宅用で使い分けている私は一向に慣れません。

電源ON/OFFボタン意外には特に気になる点は見当たりません。

もしかしたら・・という想像の話ですが、側面が極端に内部にえぐれているので、通常の楕円形のマウスに慣れている人は、もしかすると初めだけ違和感を持たれるかもしれません。

私は初めから特に違和感無く使えていますので、あくまで想像の話ですが。

高価ではないのに機能が良い。コスパほぼ満点の優等生マウスです。

さすがロジクールですね。

コスパの高いおすすめマウス② Qtuo 2400DPI 多機能マウス

続いて、主に自宅用として使用しているマウスのご紹介です。

こちらもAmazonレビューの評価が高く、人気のマウスになります。

ポイント①安価なのに高機能

写真だと少し見にくいですが、通常の左右クリック+ホイールの他に、右手親指の部分に2つ、ホイールの手前に1つ、それぞれ追加ボタンがあり、こちらに機能を割り当てることができます。

1,000円そこそこの金額でこの機能は素直に凄いと思います。

ポイント②グリップが効いていて安心感がある

マウスの脇腹の部分(通常、親指+薬指&小指で触る部分)に凸凹があり、これがグリップとなり操作の安定性が良いです。

またちょっとした重量感があり、これが安定感にもつながっています。

ポイント③使い手を選ばない標準的な形

多少脇腹の部分が凹んではいるものの、通常の楕円形のマウスと同じ形なので、誰でもしっくり利用することが可能です。

ポイント④電源ON/OFFボタンが無くすぐ使える

先に紹介したロジクールのM331は電源ボタンがありましたが、こちらのマウスにはありません。

ですのでPCの電源を入れたらすぐに使えます。

反面マウスの電池持ちが悪そうな気もしますが、今のところ電池持ちが悪い印象はありません。

 

一方気になる点ですが、実はいくつかあります。

気になる点①ホイールが回しにくい

赤い部分がホイールになっていますが、山型、かつギザギザが無いので滑りやすいです。

特に私のようなアラフォーになると手先がカサカサしてきますので、余計に滑ります。

一方で強く回そうとすると、ホイールをクリックした事になり、また別の動作をしてしまったり・・・。

ここだけ改善されるとほぼ隙の無いマウスかなと思います。

気になる点②電池が別売り

価格を抑えるためにこれはしょうがない事なのですが、電池は別売りなので自分で用意する必要があります。

なお全くの余談ですが、スーパーや家電量販店のレジ横で売っている電池。あれを買うのは辞めましょう。

レジ横に置いているのはついで買いを誘発させるためのもので、中でも電池についてはかなりの粗利を乗せています(要はボッタクっています)。

電池は通販でまとめ買いをするのが一番おすすめです。

使用期限が長く必ず使うものなので、いざという時にボッタクり価格で購入するのではなく、時間がある時にまとめ買いをしておきましょう。

ちなみに私は普段Amazonベーシックの48本パックを購入しています。

気になる点③デザイン

これは気になる人とそうでない人の評価が分かれる点ですが、デザインが気になるという人も出てきそうな感じです。

  • 黒地にホイールだけが赤
  • 中二心をくすぐる「T」のデザイン

但し、これらの気になる点を考慮しても、安価で多機能な点は魅力。

仕事以外に色々な用途で利用する自宅用PCにおすすめです。

使用感が良く安価なおすすめ2大ワイヤレスマウス まとめ

PCの使用感に大きな影響を与えるマウス。

私のように自分に合ったものを求めて、次々と新しいマウスを買ってしまう人、意外といるのではないでしょうか。

最後のマウスとしておすすめできるものなので、是非試してみて頂けると幸いです。

便利なガジェットに関するまとめは以下です。

是非こちらもどうぞ。

ガジェットに関する記事のまとめ

続きを見る

-ガジェット

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.