スマートに働きたい

【経験者は語る】あえてリモートワーク&在宅勤務のデメリットを挙げてみる

【経験者は語る】あえてリモートワーク&在宅勤務のデメリットを挙げてみる

 

国を挙げての働き方改革の流れやコロナウィルスの影響で、リモートワークや在宅勤務を推奨する企業が増えてきました。

一見、我々会社員にとっては良いことづくめに見えますが、当然デメリットや課題もあります。

日頃、リモートワークや在宅勤務を行っている営業の立場から、普段スポットライトの当たらないその部分を記事にします。

 

実際やってみると、色々大変なこともあります

 

IT環境が整っていないと超ストレス

 

まずは足元の環境の問題。

リモートワークや在宅勤務をする場合、自分や相手のIT環境が整っていないと本当にストレスです。

といようり、リモートワーク自体ができない場合すらありえます。

  • PC自体
  • WiFi環境
  • web会議システムや、それを行うためのマイクやヘッドセット(もしくはそれに代わるもの)
  • ビジネスチャットツール
  • ・・・

大企業は、とにかくセキュリティ対策が第一。

PCを持ち出すにも紙申請が必要な事が多いばかりか、持ち出したシンクラPCが低スペックすぎて実用に耐えない・・・なんて事も。

また社外とのweb会議環境も整っていない企業すらあります。

仮に自社がこれに対応していたとしても、社外の顧客やパートナーに環境が整っていないと、営業は仕事にならないわけです。

 

自宅に子供がいると仕事にならない

 

話のレベル感は一気に下がります笑

子供の年齢にもよりますが、在宅勤務中に小学生くらいの子供が帰宅すると、全く仕事になりません。

彼らの頭の中は、

  • 仕事=会社でするもの
  • 休み=家にいるもの

ですので、両親が家にいる時点で休みと判断し「遊んで~!遊んで~!!」となってしまうからです。

この年頃のお子さんを持つ会社員は、必然的にリモートオフィスか、近くの喫茶店に場所を移さざるを得なくなります。

そうすると自宅のWiFiが使えず、IT環境が・・・と、環境問題に派生する形。

 

職場と疎遠になる

 

これは意外なデメリットですが、長らく社外で仕事をしていると、よほど注意しないと職場と疎遠になってしまいます。

職場のメンバーから見て

 

あの人はいつも会社に居ない

 

となったり、また誰とも対面で話さない状況が何日も続くと、自分自身も疎外感を感じるようになります。

 

仕事上がりのビールが旨くない

 

最後は少し脱力系。

リモートワークや在宅勤務をすると、通勤コストが減り睡眠時間も増えますので、あまり疲れなくなります。

そうすると、仕事が終わった後のビールが旨くないんです。

更には、仕事が忙しい友人との突発的な飲みの時間にも合わせられず、飲み会の頻度も減ります。

(友人が退社する頃には、とっくに自宅にいる)

これを良しとするかどうかは、人によって判断が分かれるところですね。

私はお酒自体が好きですし、友人と飲むのも好きですので、ちょっと寂しいな、という気持ちです。

 

これらの他にも、人によっては

 

オンとオフの切り替えがしづらい

 

などの課題が生じるかもしれませんが、私の場合は深夜も土日も仕事をしているので、これには該当しませんでした。

 

在宅勤務には「UberEats」が最強

 

散々デメリット&課題を挙げてしまいましたが、それでもリモートワーク&在宅勤務は生産性を向上させる素晴らしい取り組みだと思っています。

特に在宅勤務中はUberEatsにはお世話になっています。

最寄りの店舗からの配達だと、200~300円で配達してもらえるところもしばしば。

わざわざ昼食のために着替えて髪をセットして・・・の手間を考えると、この配達料は安いものです。

まだ登録していない人は、是非試してください。

 

【経験者は語る】あえてリモートワーク&在宅勤務のデメリットを挙げてみる まとめ

 

以上、営業の観点から、リモートワーク&在宅勤務のデメリットを列挙してみました。

何かの参考になれば幸いです。

 

その他、スマートに働くための記事のまとめはこちらです。

スマートに働きたい人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

-スマートに働きたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.