ガジェット

元IT営業が選ぶ リモートワークを快適にするためのツールたち

2020年2月27日

  1. HOME >

元IT営業が選ぶ リモートワークを快適にするためのツールたち

2020年2月27日

元IT営業が選ぶ リモートワークを快適にするためのツールたち

 

快適に在宅勤務をするには、何があればいいんだろう・・・

 

国を挙げての働き方改革の流れやコロナウィルスの影響で、リモートワークや在宅勤務を推奨する企業が増えてきました。

しかしながら、家で効率的に仕事をするにはそれなりの環境整備が必要。

そんな時、揃えておくとはかどる在宅勤務ガジェットをまとめてみます。

 

本記事の信頼性

 

大手IT企業所属の、自称「ビジネス支援型データサイエンティスト」。

元営業という異色の経歴を活かしながら、金融・製造・流通業のお客様を中心にAI活用コンサルや定着支援・人材育成・講演活動など、幅広く活動しています。

ヤエリ(@yaesuri_man

実はデータサイエンティスト歴よりIT営業としてのキャリアの方が長いんです。

世の中「お金をかければ良いものが手に入る」のは当たり前。

お金とサービスに厳しいお客様に揉まれてきた経験からも、コスパの良いガジェットやサービスに強いこだわりを持っています。

 

こんな方におすすめ

  • 在宅勤務を効率化したい
  • 職場に近い環境で仕事をしたい

 

これらに投資をしてから、在宅勤務が最適になりました!

 

外付スピーカーフォン

 

PCに内蔵されているマイクを使用するのも良いですが、専用の外付スピーカーフォンは通話品質が全然違います。

小声も拾ってくれますし、相手の会話もクリア。

ここだけはお金をかけて損はありません。

私が使用しているのは、上の画像の、「eMeet OfficeCore M2」。

通話品質は最高、かつコンパクトで持ち運びも可能な万能スピーカーです。

 

【eMeet OfficeCore M2レビュー】手頃サイズでAIマイク搭載 Bluetooth対応スピーカーフォン

続きを見る

 

外付大型モニタ

 

ノートPCの小さな画面で作業するより、外付けの大型モニタに映し出した方が効率が良いです。

できれば30インチ近く、最低でも20インチ以上のものを用意しましょう。

私の場合は、書斎にある液晶一体型デスクトップPCとHDMIケーブルでつなぎ、映すスタイル。

モニタが無い方は、発色が良くて評判のDELL社製がおすすめです。

 

 

スマホスタンド

 

PCのカメラとスピーカーフォンがあるのに、なぜスマホスタンドが必要なの?

 

状況によって使い分けます!

 

通常はPC内蔵のカメラで自分の顔を映しますが、どうしても上からのぞき込む形になってしまいます。

そんな時は、同じweb会議のルームに、スタンドにセットしたスマホからもログインし、スマホのライブカメラを活用するのがおすすめ。

相手と目線を合わせるだけで、臨場感が全然違います。

私が持っているのは自撮り棒にもなるタイプと、脚がクネクネ曲がって色々なところに巻きつけられるタイプ。

本来のスタンド機能に大きな差はないので、価格で選んでしまって問題ありません。

 

 

ウェブカメラカバー

 

皆さん、「ウェブカメラカバー」ってご存知でしょうか?

ノートPCのカメラ部分に貼り付けて、物理的にカメラを隠せるカバーのことです。

 

 

これがあると、意図せず油断した自分や部屋の中を映すことがなくなります。

またweb会議システムのカメラをオフにしている場合であっても、何となく「相手に映っていないかな・・・」と不安にならずに済みます。

 

数百円で購入できますので、おすすめです!

 

 

WiFi環境

 

ガジェットというより環境になりますが、自宅にWiFi環境が無いと仕事になりません。

都内在住の私が契約しているのはNURO光。

 

 

フレッツ光やau光など複数のサービスを渡り歩いてきましたが、携帯をSIMフリーにしてからはこちらのサービスが最も安価だったからです。

 

◀スマホは左スクロールで表示できます

NURO光 フレッツ光 au光
月額費用 4,743円 5,000円前後 5,200円
下り速度 最大2GB 最大200MB 最大1GB
対応プロバイダ So-net(プロバイダ料金込み) 多数(プロバイダにより料金が異なる) 多数(プロバイダ料金込み)
対応エリア 主要都市 ほぼ全国 主要都市
その他 無線LAN、ウイルス対策ソフト込 ポイントが貯まる スマホと一括契約で特典あり

 

都市部の戸建であれば、現状はこれ一択でしょう。

契約するとB5用紙位はあろうかというONUが設置されます。

わが家のテレビの裏に鎮座するONU。でかいです。

 

 

無線LANの速度はこんな感じです。

 

 

さすがに2GBは言い過ぎだと思いますが、ここまで速度が出れば全く問題ありません。

一人暮らしで自宅にWiFi環境が無いという方は、是非チェックしてみてください。

 

 

在宅勤務にはUber Eats

 

在宅勤務がメインになると、厄介なのが昼食です。

多くの人は部屋着、寝ぐせ、メガネ、ヒゲボーボーでPCに向かっているはず。

昼食のためだけに着替えて髪をセットして、コンタクトを入れて外出するというのも面倒なもの。

そんな時におすすめなのが、おなじみのUber Eats

店舗にもよりますが、数百円の配達料で玄関まで届けてくれます。

最寄りのマックや松屋・吉野家なら、100円~200円という配達料もザラ。

一度試すと病みつきになること間違いなしです。

 

 

まだ登録していない人は、是非試してください。

 

元IT営業が選ぶ リモートワークを快適にするためのツールたち まとめ

 

ご紹介させて頂いたツールに投資してから、在宅勤務が本当に快適になりました。

是非参考にして頂ければ幸いです。

 

便利なガジェットに関するまとめは以下です。

是非こちらもどうぞ。

ガジェットに関する記事のまとめ

続きを見る

-ガジェット

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.