スマートに働きたい

【難易度別】今すぐできる満員電車対策7選

2018年11月16日

  1. HOME >

【難易度別】今すぐできる満員電車対策7選

2018年11月16日

  • 毎朝通勤で満員電車に乗らなければならない
  • やっと会社にたどり着いても、そこから長時間の辛い労働が始まる
  • 夜は22時退社。明日も朝から出社でヘトヘト

というようなサラリーマンに向けて、満員電車対策を7つご紹介します。

【難易度別】今すぐできる満員電車対策7選

この記事では、主に「サラリーマンが満員電車に乗らずに済む方法」をまとめています。

根本的な解決にはならない「満員電車を我慢する方法」は載せておりません。

またサラリーマン向けの記事のため、

  • 仕事を辞める
  • 独立する
  • 主婦(主夫)になる

というような極端な方策は除いています。

また、★は、難易度の高さを表しています(★が多ければ難易度が高い)。

早朝出勤(★)

最もお手軽、かつおすすめの方法。

単に早く起きて会社に行くだけです。

満員電車に乗らなくて済む以外にも、メリットが沢山あります。

早朝出勤のメリット

  • 仕事がはかどる
  • 相手が自分のペースに合わせてくれる
  • 気兼ねなく定時退社できる
  • 何故か評価が上がる
  • 夜、家族と一緒に過ごせる

デメリットは、「夜、飲みに行けない、遊べない」のみ。

私は以前、毎朝4時に起きて始発電車に乗り、定時で帰る生活を一年間続けた事があります。

その際の様子を記事にまとめておりますので、ぜひこちらもどうぞ。

朝活のすすめ。毎朝4時に起床し、早朝出勤を1年間続けた結果

続きを見る

フレックスを活用する(★★★)

今所属している企業にフレックス制度があれば、それを活用しましょう。

フレックス制度は「コアタイムの間さえ会社にいれば、後はいつ出社しても良く、いつ帰っても良い」という制度。

コアタイムが11時~15時であれば、混雑の時間を避けて11時に出社すれば良いのです。

問題は、

  • そもそもフレックス制度が無い
  • 制度があっても、周囲の雰囲気的に使えない

等の状況ですと使えないため、★は中央値の3としました。

客先に直行する(★★★)

営業職であれば、朝一にお客様先にアポを取り、会社に行かずに訪問、という事も可能です。

お客様先が会社より自宅に近ければ、その分遅く電車に乗る事ができ、満員電車は回避できるかもしれません。

こちらも言うまでもないのですが、課題は

  • 使えるのは営業職のみ
  • 営業職だったとしても、直行禁止の職場では使えない
  • お客様先が会社より遠い場合は、満員電車に乗る必要がある

等です。

上記理由から、★は3としています。

自転車通勤(★★★★)

会社の近くに住んでいる場合、自転車で通うのも一つの手です。

概ね10km以内の距離、かつアップダウンの無い平坦な道路であれば、気持ちよく通勤できます。

問題は、

  • 自宅と会社の立地による
  • 会社が自転車通勤を許可していない場合がある
  • 夏は熱くて地獄!

など。

これらの問題が無ければ、健康的でおすすめの手段です。

バス通勤(★★★★)

一都三県、特に都内であれば、電車と違いバスはそこまで混雑することはありません。

バスの運転手が満員だと判断したら、バス停をスルーし次のバスに乗ってもらうように促すからです。

問題は、

  • バスで通勤できる位会社に近い場所に住んでいないと使えない
  • 東京以外だと、バスの本数が少なく電車同様に混むかもしれない

です。

始発駅の近くに住む(★★★★★)

各路線の始発駅近くに住めば、始発電車で毎日座って通勤が可能。

座れさえすれば、多少混んでいても辛い思いをしなくて済みます。

問題は、

  • 引っ越さなければならない
  • 座るために多少待つ可能性がある
  • 始発駅なので、通勤時間・距離は長くなることが多い

です。

なお、筆者の私の満員電車回避手段はこれ。

始発駅近くに住み、会社は終着駅なので、行きも帰りも座って通勤しています。

電車に乗っている時間は1時間。

ドアtoドアで1.5時間の長旅ですが、電車内でPCを開いて仕事したり本を読んだり、貴重な一人の時間として有意義に過ごしています。

会社の近くに住む(★★★★★)

恐らくサラリーマンとして究極はこれ。

会社から徒歩数分圏内に住むことができれば、言う事無しです。

実際私の周りにも、会社から徒歩10分圏内位に住んでいる同僚がいますが、うらやましい限りの生活をしています。

問題としては、

  • そもそも引っ越しを伴うので、お手軽ではない

が挙げられます。

【難易度別】今すぐできる満員電車対策7選 まとめ「早朝出社」が現実的

ここまで7つの満員電車対策を紹介しましたが、手軽でもっともおすすめな方法は「早朝出勤」です。

改めて過去記事を紹介しますが、デメリットがほとんどない、サラリーマンにとっては本当に良い施策。

是非一度、騙されたと思って試してみて下さい。

朝活のすすめ。毎朝4時に起床し、早朝出勤を1年間続けた結果

続きを見る

その他、スマートに働くための記事のまとめはこちらです。

スマートに働きたい人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

-スマートに働きたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.