ガジェット

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー
オンライン会議中、相手に不快な思いをさせないようにしっかりしたマイクスピーカーが欲しい!

 

在宅勤務が一般的になった今、カメラやマイク、モニタに投資する人が増えてきました。

この記事では普段私が使用しているANKERのマイクスピーカー「PowerConf S360」をご紹介します。

 

本記事の信頼性

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー
大手IT企業でデータサイエンスを活用した分析業務に携わっています。

元営業という経歴を活かしながら、金融・製造・流通業のお客様を中心にAI活用コンサルや定着支援・人材育成の支援をしたり、講演や執筆活動など幅広く活動しています。

ヤエリ(@yaesuri_man

実はIT営業としてのキャリアが長い私。

お金をかければ良いものが手に入るのは当たり前。お金と品質に厳しいお客様に揉まれてきた経験をもとに、コスパの良いガジェットやサービスをご紹介します。

 

 

ココがおすすめ

  • あえての有線接続!安定性抜群!
  • USBケーブルを接続すればすぐに使える
  • マイク機能・スピーカー機能共に最高級品とそん色無し

ココに注意

  • 有線なので、見た目を気にする人は注意

 

あえてUSB有線接続を選んだ理由

 

元々私はeMeet OfficeCore M2という、3万円程する最高級のマイクスピーカーを使っていました。

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー
【eMeet OfficeCore M2レビュー】手頃サイズでAIマイク搭載 Bluetooth対応スピーカーフォン

続きを見る

 

ですが、どうも私のPCとは電源周りの相性が良くない?ようで、あまりにも不具合が多いので買い換えることとしました。

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー
【不具合発生】eMeet OfficeCore M2を使う際は電源に注意 ※最悪故障します※

続きを見る

 

また稀にBluetoothの接続不具合を起こしていたこと、自宅の机にPCを据え置いており動かすことがないことから、有線で問題ないと判断しました。

以下音響会社の調査結果の通り、オンライン会議で音に関する不満を持つ人は3割にも及ぶと言われています。

 

 

相手に不快な思いをさせないために敢えてUSB有線接続タイプを選択しました。

 

開封と設置

 

早速開封。

オシャレな箱に入っています。

 

 

大きさは手のひらサイズ。

eMeet OfficeCoreと比較すると若干小さく、軽い印象です。

 

 

操作目は以下の通りフラットなパネルタイプ。

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー

 

左から、音量小、ミュート、通話、音量大 です。

マニュアルを置いておきます。

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー

 

 

なおこのミュートボタン、zoomとTeamsとは連動しています(zoom画面のミュートを押せばマイクスピーカーもミュートとなる。逆も同じ)。

2重ミュートによるミュート解除忘れを気にしなくて良いところは嬉しいところ。

 

 

ただ残念ながらこのミュート連動はzoomとTeamsだけで、その他Google Meet やWebExとは連動できないようです。

 

またお気づきの通り、電源ボタンが無いところもポイント。

PCに差し、PCが立ち上がれば電源ON。PCを落とせば電源OFFとなります。

 

 

横から見ると、少し傾斜がかかったデザイン。

前方からの声を拾いやすくしているのでしょう。

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー

 

私が購入したS360には、ハブ機能が付いています。

 

【あえて有線接続】ANKERのマイクスピーカーPowerConf S360レビュー

 

ご覧の通り、USB-Aタイプが2ポート、HDMIポートが1つ付いていますので、ここから出力をすることができます。

一番左は外部電源取り込み用のUSB-Cタイプです。

ハブ機能が不要という方は、こちらの「S330」がおすすめ。

ハブ機能が無いだけで4,000円くらい安くなります。

 

 

この製品の大きな特長は、USB有線接続である点。

ご覧の通り、本体に50cmほどと短めのUSBケーブルが直に付いており、取り外しはできません。

 

 

この部分はマグネットになっており、ケーブルを底面に巻き付けた後とめておくことができます。

 

 

メリットとデメリットまとめ

 

最後に、この機種のメリットとデメリットをまとめていきます。

 

メリット①動作が安定している

 

とにかくこれ。とにかく動作が安定しているのです。

最近はBluetooth接続が主流となっていますが、接続が不安定になることはありませんか?

キーボードやマウスなどは接続が不安定になっても困るのは自分だけ。一方マイクスピーカーの不具合は相手に迷惑をかけます。

冒頭でもお伝えした通り、オンライン会議の不満の3割は相手の音声によるもの。

見た目や可搬性よりも安定性を重視しました。

電源がPC本体と連動しているのも大きなポイント。

いちいちマイクスピーカー側の電源をオンオフする必要はありません(というより、この機器には電源ボタン自体が付いていません)。

 

メリット②USBケーブルを接続すればすぐに使える

 

これも嬉しいメリット。

マニュアルや操作用アプリケーション(ANKER SOFTWAREというものがリリースされています)が無くても、PCにUSBケーブルを挿せばすぐに使えます。

前述の通り電源も本体と連動しますので、シンプルです。

 

メリット③マイク機能・スピーカー機能共に最高級品とそん色無し

 

これまで使っていた3万円ほどするOfficeCore M2と比較しても全く遜色ありません。

とりあえず私が使う限りでは、この製品とOfficeCore M2の品質の違いに気づく方はいませんでした。

一方ノートPCに付いているマイクに切り替えるとすぐ「音が悪くなった」と気づいていただけますので、違いは一目瞭然です。

 

デメリット:有線なので見た目を気にする人は注意

 

特にPC周りのレイアウトに凝っている人は要注意です。

Bluetooth接続版と違いコードが本体から直に出ていますので、とにかくデスク周りのコードは隠したいんだ、という方には向きません。

 

-ガジェット

© 2022 AI人材になる