スマートに働きたい

Google Home Miniをbluetooth接続~web会議用マイクスピーカーとして使う~

 

在宅勤務中。PCのマイクは品質が悪い!でも、専用のマイクスピーカーを買うお金は無い・・・

 

本記事の信頼性

 

大手IT企業に所属する、文系卒のビジネス支援型データサイエンティスト。

国内大企業へのAI活用コンサルや定着支援・人材育成・講演活動を行っています。

ヤエリ(@yaesuri_man

お客様へIT機器を提案してきた経験から、コスパの高いガジェットやサービスに強いこだわりを持っています。

 

在宅勤務が当たり前になってきた昨今。

自宅で手軽にweb会議を行うシーンが増えてきました。

が、専用のマイクスピーカーは数万しますし、そこまでお金をかけるまででもない。

そこで、数千円で入手できるGoogle Home Miniをweb会議用のマイクスピーカーとして使用する方法を解説します。

 

ココがポイント

そこそこの値段でそこそこの品質。コスパは高い

 

Google Home Miniをbluetooth接続~web会議用マイクスピーカーとして使う~

 

Google Home Miniは、楽天やYahooショッピングなどで購入できます。

 

Google Home Mini(グーグルホームミニ)本体

 

AmazonはGoogle Homeの競合製品「アレクサ」を取り扱っているので、購入することはできません。

 

Google Home Mini 付属品など

 

こんな箱に入ってきます。

私のGoogle Home Miniの色は「アクア」です。

 

 

付属品一式。

といっても、本体とACアダプタ、簡単なマニュアルのみです。

 

 

「マニュアル」といっても、この程度。

 

 

Google Home Miniをbluetooth接続する方法

 

Google Home Miniを電源コードにつないだら、いよいよ設定開始です。

 

スマホにアプリをインストール

 

Google Home Miniを設定するために、まずはスマホに専用アプリをインストールする必要があります。

アプリは20MBほどあるので、Wi-Fi環境から行うのが無難。

 

Google Home

Google Home

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

以降、Androidの画面で説明します。

 

Google Home Miniの初期セットアップ

 

まずはスピーカーフォン用にGoogle Home Miniを購入した人のために、初期セットアップの方法を解説します。

既に初期セットアップ済みの方は、次の「Google Home Mini Bluetoothの設定」をご覧ください。

初期セットアップは、画面遷移がかなり多いので、ご注意下さい。

(実際やっていることはそれほど難しくないです)

 

利用するアカウントの選択

 

スマホに登録されているGoogleアカウントの中から、セットアップに利用するものを一つ選択します。

 

 

家の作成

 

Google Home Miniを設置するための「家」を設定します。

マイクスピーカーに利用するだけなら、家の名前は「自宅」、住所は空欄で構いません。

(もちろん、住所をちゃんと設定しても構いません)

 

 

位置情報へのアクセス

 

このGoogle Home Miniを探すために、位置情報へのアクセスをオンにする必要があります。

オンにすれば自動的に探し始めます。

 

 

接続テスト

 

スマホアプリ上からGoogle Home Miniが見つかると、接続テストです。

本体から音が聞こえれば、「OK」。

 

 

テストへの協力やデバイスを使う場所の決定

 

テストへの協力(デバイスの情報をGoogleに自動送信するか)や、設置場所の情報など。

協力はどちらでも大丈夫です。

設置場所も適当でok。私は「ベッドルーム」としました。

 

 

Wi-Fi接続

 

Wi-Fiの設定です。

スマホと同じWi-Fiを利用すれば、パスワードを自動入力してくれます。

 

 

留意事項の説明

 

各種留意事項の説明です。

 

 

Voice Matchの設定

 

特に不要なので、「いいえ」で「スキップ」。

 

 

アカウントに紐づく情報の取得

 

特に不要なので「スキップ」。

 

 

住所の登録

 

特に不要なので「スキップ」。

 

 

デフォルトの音楽サービス

 

こちらも不要です。

何も選ばないと「youtube」が選択されます。

 

 

動画サービスや音声通話へのリンク

 

これらも任意です。

「後で」「閉じる」で大丈夫です。

 

 

完了

 

ようやく設定が完了します。

簡単なチュートリアルが終了すれば、メイン画面に戻ります。

お疲れ様でした。

 

 

Google Home Mini Bluetoothの設定

 

Google Home MiniをBluetooth幕スピーカーとして利用するための設定です。

 

Google Homeアプリのトップ画面から、「設定」→「メイン(設置場所)1台のデバイス」→「メイン(設置場所)スピーカー」と進みます。

 

 

「デバイス設定」の画面が開きます。

下のほうにある「ペア設定されたBluetoothデバイス」から「ペア設定モードを有効にする」。

 

 

Google Home Mini本体のランプがチカチカ光り、ペア設定モードが有効になっていることを確認できます。

 

 

この状態で今度はパソコン側の設定に移ります。

 

PC側の設定

 

Google Home Mini本体のペア設定モードが有効になっている状態で、PCの「デバイス(Bluetoothとその他のデバイス)」の画面を開きます。

「スタート」→「設定(歯車マーク)」→「デバイス」→「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」

 

 

「デバイスを追加する」が開きますので、「Bluetooth」から先程設定したデバイスを選択すれば、接続完了です。

 

 

Google Home Miniをマイクスピーカーとして使う 音質は?

 

実はわが家にはeMeet OfficeCore M2というスピーカーフォンもあります。

 

【eMeet OfficeCore M2レビュー】手頃サイズでAIマイク搭載 Bluetooth対応スピーカーフォン

続きを見る

 

 

Google Home Miniのマイクスピーカーとしての品質は、PC付属のマイクスピーカーとeMeet OfficeCore M2のちょうど中間くらいという感じ。

eMeetのマイクスピーカーは2万円以上するため、この品質のマイクスピーカーを数千円で購入できると考えたら、コスパは高いと思います。

 

Google Home Miniをbluetooth接続~web会議用マイクスピーカーとして使う~メリットとデメリット

 

最後に、Google Home Miniをbluetooth接続し、web会議用マイクスピーカーとして使う際のメリットとデメリットをまとめてみます。

 

メリット

 

なんといってもコスパが良いこと。

前の章でも書きましたが、AI搭載の本格的なマイクスピーカーは数万円するため、数千円程度でそれなりの品質を担保できると考えたら、買いだと思います。

またGoogle Homeは販促用途としてタダで配布されていることもあるので、家に余っていれば活用しない手はありません。

デメリット

 

一方でデメリットです。

通常のマイクスピーカー専用機と違い、設定をするためにスマホにアプリをインストールしないといけません。

(Google Home Mini本体のみでは設定ができません)

この点は少々面倒。

 

また、基本的にGoogle Home Miniはスタンドアロンで使うものなので、これ専用に電源を確保しないといけません。

ACアダプタを使って電源をつながないといけないので、机の上の電源の口を1個消費してしまうわけです。

マイクスピーカー専用機は、バッテリー充電機能があったり、PCとUSB接続することで給電できたりします。

この点は専用機のほうが便利です。

 

Google Home Miniをbluetooth接続~web会議用マイクスピーカーとして使う~まとめ

 

ご覧の通り、マイクスピーカー専用機には品質は劣るものの、PCに付属のマイク&スピーカーよりは音質の良いGoogle Home Mini。

 

安価なマイクスピーカーをお探しの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

その他、スマートに働くための記事のまとめはこちらです。

スマートに働きたい人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

-スマートに働きたい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.