ガジェット

【画像54枚で解説】IIJmioの「eSIM」の契約と設定方法を解説します【Google Pixel 3a】

2020年4月4日

【画像54枚で解説】IIJmioの「eSIM」の契約と設定方法を解説します【Google Pixel 3a】

 

最近話題になっている「eSIM」って何???

 

IIJmioが満を持してリリースした「eSIM」。

契約と設定方法を解説してみたいと思います。

 

本記事の信頼性

 

大手IT企業に所属する、文系卒のビジネス支援型データサイエンティスト。

国内大企業へのAI活用コンサルや定着支援・人材育成・講演活動を行っています。

ヤエリ(@yaesuri_man

お客様へIT機器を提案してきた経験から、コスパの高いガジェットやサービスに強いこだわりを持っています。

 

注意点

 

2020年4月時点、「eSIM」を利用できるスマホは以下のものに限られます。

 

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL

出典:https://www.iijmio.jp/hdd/esim/index.jsp#sumahodemo

 

また、SIMロックが解除されている必要もあります。

 

なお一部の海外製スマートフォンでも利用が可能。

私は、アメリカのAmazon.comで購入したGoogle Pixel 3aでeSIMを活用しています。

 

10年使ったiPhoneからAndroidに乗り換えた話①iPhoneとGoogle Pixelを比較

続きを見る

10年使ったiPhoneからAndroidに乗り換えた話②Google Pixel3a海外版を購入

続きを見る

10年使ったiPhoneからAndroidに乗り換えた話③乗り換えて2週間経ったのでGoogle Pixel使用感をレビュー

続きを見る

 

「eSIM」検討に至ったきっかけ

 

元々IIJmioを使っていた私。

一言でいうと、自分が使用するデータ容量にジャストフィットしそうだったからです。

 

IIJmioで、普段自分が使っているデータ容量の確認方法はこちら。

 

 

上記サイトの画面上部「会員ログイン」を選択しましょう。

 

 

ID/パスワードでログインしたら、画面上部の「会員専用ページ」。

 

 

「会員専用ページ」を押したら、あとは以下のように辿っていくだけです。

 

 

これで、自分自身のデータ通信利用料を確認することができます。

 

 

表示された結果をExcelにコピペして、「MB」の文字を「置換」で消して全てを足し込んでみると、私が一か月間で利用するデータ量は

 

3.046M

 

です。

ただその一方で、IIJmioの料金プランは以下の通り。

 

◀スマホは左スクロールで表示できます

プラン 音声通話付きSIM月額
ミニマムスタートプラン(3GB) 1,600円
ライトスタートプラン(6GB) 2,220円
ファミリーシェアプラン(12GB) 3,260円

 

つまり、私のように月々3GBをちょっと超えるような人は、

  • ミニマムスタートプラン(3GB)だと足りない
  • ライトスタートプラン(6GB)だと多すぎる

という「帯に短したすきに長し」の状況に陥ります。

 

そこで、

  • ミニマムスタートプラン1,600円(3GB)を契約
  • eSIMのお通し代として、毎月150円を契約
  • 3GBを使い果たしたら、eSIMで1GBあたり300円を追加契約

という使い方を可能にするのが、このeSIMというものです。

 

IIJmioでeSIMを契約する

 

契約の仕方は簡単です。

 

 

iijmioのトップページ右上「ご購入 お申込み」から。

 

 

申し込み前の確認事項です。

「事前支払いしたものはない(通常)」を選択して、「次へ」

 

 

プランを選択する画面になります。

「0ギガ eSIM」を選択して、「次へ」

 

 

契約と同時に、eSIMの追加クーポンを購入するかどうか聞かれます。

こちらはどちらでも大丈夫ですが、今回は同時購入してみることにしました。

「購入する」「次へ」

 

 

公衆wifiオプションの選択。

こちらは後からでも追加できるので、今回は特に追加せず、「次へ」

 

 

SIM利用者の確認です。

今回は私自身が利用するので「契約者本人」を選択。

一方、配偶者や子供用など、契約者(料金支払者)と利用者が異なる場合は、右の「契約者本人以外」を選択しましょう。

 

 

契約プランの確認をして「オプションを選ぶ」

 

 

最後に、オプションの紹介。

特に必要ないので、「次へ」

なお、「重要説明事項」「個人情報取り扱いに関する事項」の2つを開いてチェックボックスにチェックを入れないと、「次へ」進めません。

 

 

契約者情報の入力。

全部入力したら「お申込み内容確認画面へ」

 

 

最終確認画面です。

「お申込み前に以下の項目をご確認の上チェックしてください」に全てチェックを入れ、「申し込む」

 

 

申し込みが完了しました。

 

以上で申し込みは完了です。

 

IIJmioでeSIMをアクティベーションする

 

申し込みが完了してしばらくすると、以下のようなメールが届きます。

 

 

メールに記載のリンク先「アクティベーションコード」から、アクティベーション(契約したeSIMの有効化)を行います。

ですが、メール配信直後にリンクを開いても、以下のような画面が表示されることがあります。

 

 

この場合、まだ準備できていないということですので、少し経ってから再度アクセスしましょう。

私の場合は15分ほど開けたら、以下のような画面が表示されました。

「選択してください」からコードを選択して、「決定」

※選択肢は一つなので、間違えることはありません。

 

 

すると、画面上にQRコードが表示されます。

 

 

これをスマホから読み込むわけです。

この画面を表示させたまま、スマホ側の操作に移ります。

 

スマホにeSIMを設定する

 

スマホの「設定」から

  • 「ネットワークとインターネット」
  • 「モバイル ネットワーク(の右側の「+」)」
  • 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」

と進んでいきます。

 

 

「2枚目のSIMを使用しますか?→はい」を選択すると再起動を促されるので、「はい」

 

 

再起動したら、再度スマホの「設定」から

  • 「ネットワークとインターネット」
  • 「モバイル ネットワーク(の右側の「+」)」
  • 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」

と進んでいきます。

 

 

先程と違い「SIMのダウンロード」画面が表示されているはず。

「次へ」で進むと、QRコードのスキャン画面になります。

 

 

ここで、先ほど表示させたQRコードをスキャンしましょう。

あとは「有効化」を押せば準備完了です。

 

 

eSIMが有効になると、以下のように電波マーク◢が2つに増えます。

左がeSIMを有効にする前、右が有効にした後です。

 

 

eSIMを使ってみる

 

eSIMがアクティベート(有効化)されたら、あとは設定を切り替えるだけです。

「設定」「ネットワークとインターネット」と進んでいくと、新たに「IIJ」という項目が増えているのが分かります。

これをタップ。

 

 

「モバイルデータ」をオンにすると、「モバイルデータにIIJを使用?」と聞かれますので、「IIJを使用」を選択。

 

 

これで、モバイルデータ通信にIIJが優先的に使われる設定になりました。

 

 

IIJmioの「eSIM」速度は?

 

IIJmioのeSIMでどの程度の通信速度が出るのか、デュアルSIMのGoogle Pixelで確認してみました。

測定タイミングは、とある休日の19時前後です。

まずは「通常のIIJmioのSIM」で計測した結果。

それぞれ3回ずつ測っています。

 

 

まぁ、こんなもんかな、という感じ。

続いて、eSIMの測定結果です。

 

 

なんと、今回の計測では、eSIMの方が速度が速いという結果になりました。

時間帯などによるのかもしれませんが、いずれにしても、通常のSIMとそん色ない速度と言えると思います。

 

IIJmioの「eSIM」SMS(ショートメッセージサービス)送信時に番号指定可能

 

SMS(ショートメッセージサービス)を利用する際は、都度

  • 通常のSIMの番号
  • eSIMの番号

を指定可能です。

eSIMを有効化すると、以下画像のように、SMS送信画面の右下に「1」「2」という選択肢が現れます。

 

 

これを選択すると、この通り。

 

 

あとは好きなほうを選択し、メッセージを送信します。

 

 

IIJmioの「eSIM」切り替えがうまくいかない?

 

ですが、なぜか通常SIMとeSIMの切り替えがうまく行きません。

 

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「IIJ」→「モバイルデータをオン」→「IIJを使用」

と進んでいくわけですが、

 

 

暫くすると以下のように、エラーマークが出てネット接続できません。

 

 

通知を見ると「ネットワークにログインしてください IIJ」が。

選択すると、クーポン残量確認・購入の画面に移ります。

 

 

残量はまだ残っているはずなのですが・・・。

原因は調査中です。

 

IIJmioの「eSIM」誤ってプロファイルを削除してしまったら?

 

eSIMのプロファイルは、手動で削除することができてしまいます。

もし間違ってeSIMのプロファイルを削除してしまった場合、有料で再発行が必要になりますのでご注意ください。

 

※一度使ったアクティベーションコード(QRコード)を読み込んでも、使えません。

 

 

再発行はこちらから。

 

 

再発行するプラン(サービスコード)を聞かれるのでeSIMのプラン(今回の場合は「データプラン ゼロ」)を選びます。

 

 

「再発行するSIMカード/SIMプロファイルを選んでください。」と聞かれるので、チェックボックスにチェックを入れ、「>次へ」

 

 

確認画面が表示されます。

色々書いてありますが、eSIMなので物理SIMの返却などは特に必要ありません(当たり前ですが)。

チェックボックスにチェックを入れ、「お申込み」。

 

 

以上で申し込み完了です。

15分後、メールが送られてきますので、そちらからログインして再度QRコードを読み込ませて設定をします。

 

【画像54枚で解説】IIJmioの「eSIM」の契約と設定方法を解説します【Google Pixel 3a】 まとめ

 

上記の通り、私のように、

  • 毎月6GBも使わない
  • ただ、3GBだと少し心許ない

という方にはピッタリな、3GB+追加eSIMのプラン。

ご利用中の機器が対応していたら、是非試してみることをおすすめします。

 

便利なガジェットに関するまとめは以下です。

是非こちらもどうぞ。

ガジェットに関する記事のまとめ

続きを見る

-ガジェット

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.