とにかく出世したい

【出世する人の特徴】上司に認められる方法は?認められれば仕事がやりやすくなる

2019年3月14日

  1. HOME >

【出世する人の特徴】上司に認められる方法は?認められれば仕事がやりやすくなる

2019年3月14日

組織改正や部署異動で新しい上司の下になった人のために、上司に認められる方法を記事にしてみたいと思います。

思えば20代の私は、上司に認められる事をないがしろにし、お客様の方ばかり見ていました。

それはそれで悪い事ではないのですが、少し考えを巡らせるだけで、サラリーマンとしての生き方はずいぶん変わったのではないかと思います。

そんな自分に向けてのメッセージ記事です。

【出世する人の特徴】上司に認められる方法は?認められれば仕事がやりやすくなる

「上司に認められれば仕事がやりやすくなる」。

これはもう当たり前のことですが、念のためそのメリットをいくつか挙げてみたいと思います。

メリット1:働きやすくなる(精神衛生)

当たり前ですよね。

毎日会社で上司にガミガミ怒られているより、自分自身や、自分の仕事のやり方を認めてもらった方が働きやすいですし、なにより精神衛生上良いです。

メリット2:上司を巻き込んだ大きな仕事ができる

上司に認められれば、自分の仕事の進め方のシナリオの中に、上司を組み込むことができます。

ほとんどの日本企業では、役職が上の人の方が決裁権が大きいので、会社を巻き込んだダイナミックな仕掛けを打ち込むことができるわけです。

サラリーマンとして大きな仕事をする事の意義は、以下の記事に簡単にまとめています。

サラリーマンが大企業で働き続ける意味

続きを見る

自分ひとりで完結する仕事も良いですが、大勢を巻き込んで進める大きな仕事。

これは大企業のサラリーマンが簡単に味わうことができる醍醐味です。

メリット3:裁量権が増える

実はサラリーマンには、役職とは別に、なぜか職務裁量をもらえる非公式ポジションというのが存在します。

こういうポジションに加わる事ができれば、上司から特別扱いされる事も夢ではありません。

詳細についてはこちらの記事に記載しています。

「組織にとって必要とされる人材」になればサラリーマン自由度が上がる

続きを見る

次から、実際に上司に認められる方法を記載していきたいと思います。

上司に認められる方法1:始めの一か月に気をつける

これが一番重要です。新しい上司と一緒に仕事をする際は、特に初めの一か月に気をつけましょう。

多くの上司は、当初は「この部下はどんなタイプなのか」を冷静に見定めています。

そのため、その期間は特に行動に注意をして、信頼を落とさないようにしましょう。

期間は人によって異なりますが、1か月から、長い人で3か月程度です。

一度失った信頼を取り戻すのは非常に大変ですので、特に始めに注意しましょう。

ココがポイント

特に始めの一か月に注意

上司に認められる方法2:指示を待たず、自分から意見を言う

これは初めの一か月にも、その後もずっと言えることですが、指示を待つのではなく、自分から意見を言う、プッシュ型で対応しましょう。

  • 「どうすればいいのですか?」

という指示仰ぎ方ではなく、

  • 「私はこう考えるが、これで良いか?(何か意見があれば教えて欲しい)」
  • 「こういう進め方とこういう進め方があると思うが、どちらが良いと思うか」
  • 「こう進めると、こういう事が起こりうる。その際のバックアッププランはあるか」

というように、自分の意見を伝えたうえで、支持を仰ぐようにしましょう。

ここで大事なのは、自分の意見が正しいかどうかは関係ないということです。

多くの場合、経験豊富な上司の方が良い判断ができるはずなので、間違っていても問題ありません。

大切なのは、間違っていても良いので自分の意見を言うこと。

これだけで印象が全く違います。

また、自分の意見を言うためには、常に考えていないといけません。

当たり前ですが、自分の仕事については、常に真面目に考え、取り組みましょう。

ココがポイント

間違っていても良いので、自分の意見を言う

上司に認められる方法3:報告はマメに。特に悪い報告に注意

特に悪い報告については、問題が生じた時に(生じそうになった時に)、早めに報告するようにしましょう。

早めに報告し、経験豊富な上司の判断を仰ぐことで、適切な対応を取れる可能性が高まるからです。

最悪なのが、怒られると思ってなかなか報告できず、取り返しのつかない状況に陥ってから報告すること(もしくは、報告以外の所から上司に情報が伝わってしまうこと)。

これはサラリーマン失格です。

「悪い報告は、先延ばしにすればするほど、激しく怒られる」

と肝に銘じましょう。

ココがポイント

悪い報告ほど早く

上司に認められる方法4:怒られている人を反面教師にする

これは少しズルい裏技ですが、上司が目の敵にしている部下がいた場合、その人を反面教師にすることです。

怒られている理由が分かれば

  • その上司はどんな時に怒るのか

が分かりますので、その点を気をつければ良いわけです。

しかも反面教師がすぐ側にいますので、相対的な評価向上も見込めるかもしれません(これはかなり性格悪いですが)。

【出世する人の特徴】上司に認められる方法は?認められれば仕事がやりやすくなる まとめ

皆さんも、上司に認められる事を意識して、楽しいサラリーマン生活を過ごして頂ければと思います。

その他、出世で上を目指したい人への記事のまとめはこちらです。

「とにかく出世したい」人におすすめのテクニックまとめ

続きを見る

-とにかく出世したい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.