就職・転職したい

意外と大変、年収1000万のおサイフ事情 急激な年収アップに注意

2018年10月17日

就職活動をしていた頃は、将来年収1000万を超える事が一つの目標でした。

実際この歳になってみて思う事は、全然生活は楽にならないということ。

年収が上がる前の自分に向けたアドバイスです。

意外と大変、年収1000万のおサイフ事情 急激な年収アップに注意

結論から言うと、特に生活は楽になっていません。

大きな買い物をしたわけでもないのに、です。

意外とこういう人は多いのではないかと思い、自分自身の経験を振り返ってその理由をまとめてみたいと思います。

ちなみにプロフィールはこちらにまとめています。

意外と大変、年収1000万のおサイフ事情。年収と手取りは異なる

まずは当然ですが、年収と手取りは異なります。

私の場合は所得税や住民税、社会保険などを引かれ、手元に入るのは大体700万円位です。

(手取りは家族の有無や保険の加入状況、住宅ローンなどによって変わってきます)

つまり額面年収が1000万円を超えても、それをフルに使えるわけではありません。

しかも通常のサラリーマンは税金対策もできないので、対処のしようがありません。

意外と大変、年収1000万のおサイフ事情。高給取りになったと勘違いし散財する

これが一番大きいと思います。

「年収1000万」「●●株式会社勤務」というような属性が、本人を高給取りになったと勘違いさせ、散財に導くのです。

人によっては外車を購入したり、身の丈に合わない住宅を購入したり・・・

ちなみに我が家の場合は、大きな買い物はしていませんが、食材を中心とする身近な身の回りの物が少しずつレベルアップしました。

例えば醤油は1Lサイズの特売品ではなく、真空パックの減塩醤油になるなどです。

一度品質の良さを知ってしまうと、それが当たり前になってしまい、グレードを下げることが難しくなります。

上記の醤油は一例ですが、身の回りの全てのものがこうなると、金額的にも嵩んで来てしまいます。

他にも電車の特急券なども該当します。

追加で数百円支払えば特急で座って帰れますので、人間一度楽を知ってしまうと生活レベルを落とすのがなかなか難しくなるわけです。

意外と大変、年収1000万のおサイフ事情。周囲の生活レベルに合わせる必要が出てくる

年収が1000万円を超える企業はそれなりの企業ですので、付き合う相手が変わってきます。

各企業の上層部や、外資の数千万円プレイヤーなどなど・・・

こういう方々を食事に誘う時は、いくら私が好きだとしてもモンテローザ系には連れていけませんので、必然的に出費が増えてしまいます。

また私は戸建てを購入しておりますが、それなりの地域に住むと周りはお金持ちばかりとなります。

子供の服や車など、ある程度周囲に合せないと家族がかわいそう、という気持ちが働き、余計な出費が増えてしまいます。

意外と大変、年収1000万のおサイフ事情。まとめ

考え方を変えてみると

  • 年収が増えても、今までと同じ生活レベルを維持する
  • 周りの目を気にせず、「自分は自分」を貫き通す

これを徹底すれば、年収が増えた分だけ生活は楽になる、ということになると思います。

一度上がった生活レベルを戻すリハビリより、上記に注意した方が楽だと思います。

インフルエンサーのイケハヤさんのように、田舎暮らしは最強かもしれませんね(仕事があれば、ですが)。

 

これから転職を予定していて、年収が上がる可能性のある方は是非ご注意下さい。

また私が考える効果的な転職方法は以下の記事にまとめておりますので、是非読んでみて下さい。

その他、就職・転職を考えている人への記事のまとめはこちら。

【2020年版】就職・転職を考えている人向けの記事まとめ

続きを見る

-就職・転職したい

Copyright© 営業アップデート , 2020 All Rights Reserved.