とにかく出世したい

「とにかく出世したい」人におすすめのテクニックまとめ

ネット上を見ていると

「社畜は悪!一生搾取される!」

「独立して自力で稼ぐのが最善!」

的な、サラリーマンをdisる記事ばかりですが「今の会社で順調に出世していきたい」という方も一定数いるのではないかと思っています。

そんな方のために、すぐに使える出世テクニックを集めてみました。

このカテゴリーについて

ネット上を見ていると、

某インフルエンサー

  • 社畜は悪!一生搾取される!
  • 独立して自力で稼ぐのが最善!

的な意見が非常に多く、サラリーマンを肯定する記事って少ないなぁと思っています。

その一方で

今の会社が働きやすくて、できればココで出世していきたい

と思う方が一定層は存在するのではないかと思い、記事を書いてみました。

こんな人に読んで欲しい

対象とする読者は以下のような方です。

こんな方に読んで欲しい

  • 今の会社で出世したい方
  • 小手先テクニックでも何でもよいので、評価されたい方
  • 少なくとも、成果に見合った評価を適正に受けたい方

私は、サラリーマンが評価されて出世していくには、仕事を適切にこなす事に加え、いくつかコツがあると考えています。

そのコツをまとめてみたいと思います。

ココがポイント

仕事を適切にこなす以外に、評価されるにはコツがある

記事の紹介①手っ取り早く評価されたい

「小手先テクニックでもいいので、とにかくさっさと評価されたい!」

という方向けの記事です。

 

特に能力差の無い若手にオススメ。

多少品質を犠牲にしても、スピード(納期)を早めるだけで評価は上がります。

そもそも若手は時間と品質が比例する事は少ないですし・・・。

 

評価されやすい、旬のスキルというものが存在します。

そのあたりに敏感になるべきです。

 

人間、第三者の意見の方が信じやすいものです。

内部で評価されるために外部から攻めるというのも効果的です。

 

「真面目で一生懸命」。

これ、出世を目指すサラリーマンにとってはちょっと危険です。

手際よくこなして、数多くの成果を目指しましょう。

記事の紹介②完了した業務の評価を最大化したい

同じ成果だったとしても、社内報告の仕方ひとつで評価のされ方は大きく変わります。

ここでは主に「評価される報告」についての記事をまとめています。

 

ポイントは、

「仕事が終わった後の社内報告の場に着目」

です。

 

ちょっと番外編ですが、評価されるかどうかは部署によっても異なります。

自分が評価されていないと感じたら、部署を異動する事も一つの手かもしれません。

記事の紹介③「出世したくないんだけど・・・」という、迷える若手向け

「出世したくない」「責任が重くなるのはイヤ。給料いらないから今のポジションで良い」

最近そんな声もよく聞かれますが、私はそんな事は無いと思っています。

 

出世は自分のためだけではなく、上司や同僚のためでもあります。

「なぜ出世すべきなのか?」をまとめた記事です。

 

サラリーマンと髪形。

服装と並んで永遠のテーマですが、若手に対してはベストプラクティスが存在します。

 

結局これなんですよね。

「素直さ」はビジネスの現場ではOJTしづらいとても素敵なスキルの一つ。

 

記事の紹介④その他TIPS

出世するサラリーマンの特徴「褒め上手」。

褒めるのは相手のためだけではなく、自分のため。

褒めることでお互いのモチベーションを上げていきましょう。

 

年末挨拶で壁掛けカレンダーをもらっても、速攻フロアにある「もらったカレンダー」段ボール行きですよね。

出世を目指すサラリーマンなら、持参するカレンダーは邪魔にならない卓上にしましょう。

 

忘年会シーズンにお勧め。

できるサラリーマンは忘年会・納会時にどう立ち回るべきか。

 

接待ゴルフで100を切れないと足手まといになってしまいます。

スコア100近辺の実力ですと純粋にゴルフが楽しい時なので、自分自身が楽しむためにもお勧め。

 

 

 

-とにかく出世したい

Copyright© ダメリーマンの処方箋 , 2019 All Rights Reserved.